KDDIが「auでんき」4月スタート、単身~大家族すべてが割安になる「でんきセット割」も



KDDIが「auでんき」を4月に開始することを発表しました。

一般電気事業者などと連携し、単身世帯から大家族まで、すべての利用者に還元される内容となっています。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、auでんきで提供されるのは家庭向けの「でんきMプラン」および事務所や商店向けの「でんきLプラン」の2種類。

携帯電話やスマートフォンと組み合わせることで全国のMasterCard加盟店で使える「au WALLET プリペイドカード」に最大5%が還元されるという内容。還元率は月間利用料金によって異なり、4999円までは1%、5000円~7999円までは3%、8000円以上は5%に。





ちなみに一般家庭の電力使用量をKDDIが調査したところ、月間平均300kWhを下回る世帯は実に5割。そのため3~4人の家族にだけ優遇プランを打ち出すソフトバンクに対して、さりげないジャブも繰り出されています。



どの世帯構成であっても割安になるのが、auでんきの仕組みです。


また、auでんきを手軽に使えるよう、電気使用量の予測機能なども備えた電気料金、使用量確認アプリ「auでんきアプリ」も提供へ。


電気料金がいくらになるのかの予測や、利用料金をグラフで可視化する機能などを搭載。




節電についてのアドバイスを見ることができる上、省エネ関連商品をau WALLET Marketで購入することもできます。


実際に使ってみたところはこんな感じ。


1月20日から全国のauショップに検針票を持っていくだけでauでんきへと切り替えられます。


・関連記事
いよいよ4月開始の「auでんき」発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【2016年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがauの2016年春モデル発表、独自ブランド「Qua」本格展開や780GBプレゼントの学割も | BUZZAP!(バザップ!)

auが学割でデータ容量最大780GB増量+基本料割引、ソフトバンクを瞬殺 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング