ドコモが5GBのシェアパック導入へ、家族利用者は月額5000円以下に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモがあまり通信しないユーザー向けに、低容量のシェアパックを導入することが明らかになりました。詳細は以下から。

朝日新聞社の報道によると、NTTドコモが29日に家族向けの低容量パックを導入するそうです。

これは総務省が昨年末に携帯各社に対し、ライトユーザー向けの低料金プランを導入することを促したことを受けたもので、5GBのパケットパックを分けあう家族向けのプラン。

料金は5分以内の通話が定額になる月額1700円の「カケ・ホーダイライト」との組み合わせで、2人家族で月計1万円ほどになるとのこと。

なお、総務省の意向を受け、ソフトバンクは1月7日に5分間の通話定額と1GBのデータが月額4900円で利用できる個人向け新プランを発表済み。KDDI(au)も低容量プランをまもなく発表するとみられています。

ドコモ、家族割を拡充 1人月5千円以下、低料金コース:朝日新聞デジタル

・関連記事
「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがiPhoneなどを数万円値上げへ、ついにMNP「実質0円」撤廃 | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加