iPad Air 3は3月発表、4K液晶と4GB RAMに大容量バッテリー搭載か

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPad Proが大々的に発表された一方で、昨年唯一ラインナップが刷新されなかったiPad Airの新モデルが思いのほか早く登場することになりました。詳細は以下から。

台湾メディアDIGITIMESが投じたところに寄ると、Appleは2016年3月にiPad Airの新モデルを発表し、第2四半期にも量産を開始する見通しだそうです。

iPad Air 3のディスプレイサイズは従来モデル同様、9.7インチですが、解像度がQXGA(2048×1536)から4Kに高精細化。

高精細化で処理する情報量が増えるのに合わせ、RAMの容量が2GBから4GBへと増量されるほか、バッテリー寿命もさらに延びるとされています。

なお、iPhone 6sで実装された「3D Touch」については、搭載を見送る可能性があるという指摘もあるため、iPad Air 3は使い勝手ではなく、性能面の向上がセールスポイントとなりそうです。

Production of new 4K iPad Air to begin in 2Q16, say Taiwan makers

・関連記事
中国でiPad Proが深刻な不振、販売台数はiPad Air 2の1割以下 | BUZZAP!(バザップ!)

iPadの半額以下でCherry Trail、Retina、4GB RAM搭載の格安タブレット「Teclast X98 Plus」 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに止まったiPadの進化、初の「iPad Pro」登場も気になるAppleの方針転換 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加