中国でiPad Proが深刻な不振、販売台数はiPad Air 2の1割以下



iPhone 6s/6s Plusが発売3日間で過去最高となる販売台数1300万台を達成するのに大きく貢献するなど、今やAppleにとって無くてはならない存在となった中国市場。

しかし同社が新機軸として打ち出した大画面版iPadこと「iPad Pro」が同国で深刻な販売不振へと陥っていることが明らかになりました。詳細は以下から。

中国の調査会社TalkingDataによると、同国でiPad Proが発売されて最初の1ヶ月間の販売台数が予想を大きく下回る4万9000台程度だったそうです。これはiPad Proの本体価格が高すぎる(最も安いモデルで5888人民元=約11万円から)ためとのこと。

Intelの最新プロセッサ「Cherry Trail」を搭載したWindowsタブレットなどがわずか1万円台で販売されるなど、タブレット分野での価格競争がひときわ激しい中国。

しかしiPad Air 2が発売1ヶ月で55万7000台、iPad mini 4が9万2000台売り上げるなど、iPadの需要が高い市場でもあったため、iPad Proの販売台数が5万台に満たないというのは、非常に大きな出来事ととらえざるを得ないわけです。

なお、中国市場での販売状況は芳しくないものの、世界規模ではiPad Proが発売3ヶ月で300万台を売り上げ、Appleに24億ドルの売り上げをもたらすと複数の市場関係者が予想しています。

China market: iPad Pro sales reach only 49,000 units in the first month

・関連記事
ついに止まったiPadの進化、初の「iPad Pro」登場も気になるAppleの方針転換 | BUZZAP!(バザップ!)

Cherry Trail搭載で1万円、えげつないほど安いWindows 10タブレット「Cube iwork 8」 | BUZZAP!(バザップ!)

やはり早すぎた「4Kスマホ」、ソニーに誰もついてこない形に | BUZZAP!(バザップ!)

iPad Proより巨大な16インチタブレット「AQUOSファミレド」をシャープが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

国内最安値の3分の1、1万円以下のSIMフリーLTEタブレット「Cube Talk 7X U51GT」 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング