ソニーがXperia Tabletから撤退?現行モデル出荷完了&新製品未定

このエントリーをはてなブックマークに追加



Xperia Tabletに気になる動きがあることが明らかになりました。詳細は以下から。

Xperia Tabletの現行Wi-Fiモデル出荷完了 - 店長のつぶやき日記。。。

中国、四国最大級のソニー専門店「コール徳島店」の公式ブログによると、ソニーマーケティングが「特約店各位」という宛名で送付した文書で、以下のXperia Tablet全モデルの出荷が2016年3月で完了することを告知したそうです。

・Xperia Z4 Tablet (Wi-Fiモデル)
・Xperia Z3 Tablet Compact (Wi-Fiモデル)
・Xperia Z2 Tablet (Wi-Fiモデル)


同ブログでは以下のようにコメントしており、販売終了について、ショックを隠しきれない様子をあらわにしています。

本日、「特約店各位」という宛名にて、ソニーマーケティングより、正式文書が送られてきた。
「3機種の販売が2016年3月で終了し、新製品に関しては、現在未定」
という、衝撃的な内容。完全撤退とは書いてないものの。


「完全撤退」「いつかやってくる買い換え時期には、Xperia Tablet難民になることが目に見えてる」など、上記のブログではXperia Tabletの今後について悲観的な表現が目立ちますが、少し気になるのが「新製品に関しては現在未定」というソニーの案内。

ソニーはスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2016」において、2月22日(月、現地時間)にスピーチを予定しているため、今回案内された現行モデルの出荷停止は、Xperia Tabletの新モデル発表に向けた布石ではないかとも考えられるわけです。

撤退か新製品か、非常に気になるXperia Tabletの今後。もし2月22日に新製品の発表が無いのであれば、今後の商品展開に暗雲が立ち込めかねないだけに、注目が集まりそうです。

・関連記事
やはり早すぎた「4Kスマホ」、ソニーに誰もついてこない形に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがXperia Z6以降のモデルを大幅削減か、まさかの年2機種展開に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが新型電池を投入へ、スマホの動作時間が1.4倍に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加