ドイツの核融合炉が世界で初めて水素プラズマの発生に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Wikipedia

ついに核融合炉が水素プラズマを発生させることに成功しました。詳細は以下から。

ドイツのマックス・プランク研究所は核融合炉を用いて水素プラズマを発生させることに成功しました。使用されたのは実験炉「Wendelstein 7-X (W7X) 」です。炉は現地時間2月3日に自身も物理学者であるアンゲラ・メルケルドイツ首相によってスイッチが入れられました。

この核融合炉では2015年12月にヘリウムプラズマの発生に世界で初めて成功していましたが、今回はより難度が高いとされる水素プラズマを発生させました。

プラズマを作るためには水素原子を425トンの超電導磁石で作成された真空のリングの中で1億度近い高温で熱する必要があります。これによって水素原子は原子核と電子にバラバラのプラズマになり、量子トンネル効果によってプラズマの中で衝突と融合を起こして莫大なエネルギーを発生します。


この実験炉の建設には19年の歳月と10億ユーロ(約1300億円)がつぎ込まれてきましたが、あくまで実験炉であり商用に発電を行うことはないということです。

まさに夢のエネルギーに向けての歴史的なブレイクスルーが起こったわけですが、この技術が実際に発電方法として取り入れられるのかはこれからの話。ウランやプルトニウムを使わず、メルトダウンのような事故は原理上起こることもなく、高レベル放射性廃棄物も大幅に減らせる次世代の発電方法として注目されてきましたが、いつか身近に活躍する日が来るのでしょうか?

FOUND Hydrogen Plasma That Could Be New Energy Source Atlas Obscura

Nuclear Fusion Hit a Massive Milestone in Germany Motherboard

(Photo by Wikipedia


Newton 核融合への夢: 夢のエネルギー実現へ,史上最大の実験炉
株式会社ニュートンプレス (2015-06-02)
売り上げランキング: 356

・関連記事
夢のエネルギーだった小型核融合炉が現実に?ロッキード・マーチン社が10年以内に実用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

人類の活動が次の氷河期の到来を遅らせているという研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

常識を覆す「風車のない風力発電機」が登場、低コストで騒音や鳥との衝突事故も解消 | BUZZAP!(バザップ!)

大気中から二酸化炭素を直接取り除き、燃料にできてしまう夢のシステム | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】目に見えないウランの放射線を可視化するとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加