3万円以下でフルHD・オクタコアの格安スマホ「ZTE Blade V580」発売へ



3万円以下という普及価格帯にもかかわらず、大画面フルHD液晶などを備えた格安スマホが発表されました。詳細は以下から。

ZTEのプレスリリースによると、同社は3月25日(金)から新型スマホ「ZTE Blade V580」を市場想定価格2万7800円で発売するそうです。

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD(1920×1080)液晶にMediaTeKのMT6753(64bitオクタコア、1.3GHz)、2GB RAM/16GB ROM、500万画素前面カメラを備えたAndroid 5.1スマホ。低価格モデルでは見送られがちなフルHD液晶を搭載した点が大きなポイントです。


さらに背面には1300万画素カメラや指紋センサー、3000mAhバッテリーを搭載。IEEE 802.11 b/g/n対応無線LANやBluetooth 4.0などの通信インターフェースやmicroSDカードスロットも備えています。


画面サイズが5.5インチともなると、持ちづらさを感じる人がいますが、ラウンドフォルムを採用することで手に収まりやすいのが大きな特徴。落とすことなく電子書籍などを気軽に大きな画面で楽しめるようになります。


なお、ZTE Blade V580はSIMカードスロットが2つあるものの、両方のスロットにSIMカードを挿入した場合、片方はGSM専用になるという仕様。対応ネットワークは以下で、主にドコモやソフトバンク網での利用が想定されています。

FDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)
HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)

大画面ディスプレイに指紋認証センサー搭載、フルHDで3万円を切るハイ・コストパフォーマンスモデル「ZTE Blade V580」を発表 - ZTE Japan

・関連記事
1.2GBで月額5700円の鬼課金、2段階定額の「ドコモ光ミニ」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの契約者数が7000万人を突破、MVNO効果で急増 | BUZZAP!(バザップ!)

「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング