1.2GBで月額5700円の鬼課金、2段階定額の「ドコモ光ミニ」提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2段階料金を採用した「ドコモ光ミニ」の提供を発表しました。主にネットの利用が無いユーザー向けと銘打っているものの、いくらなんでもこれは……と言いたくなるような課金内容です。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社はひかり電話やFAXの利用が中心で、ネットの利用が無い戸建契約のユーザー向けに、2段階定額を採用した光回線サービス「ドコモ光ミニ」を2016年3月1日から提供するそうです。

ドコモ光ミニの通信速度は最大100Mbpsで、月額2700円で毎月200MBまで利用可能。200MB超過後は10MBあたり30円が課金され、1.2GB使うと上限の5700円に達するため、「1GB3000円」という携帯電話のパケットパックも真っ青の単価に。


通常のドコモ光(戸建向け)が最大1Gbps、月額5200円であることを考えると、いくらなんでも2段階定額の課金が極端すぎるのではないか……という気がしてなりません。

なお、ドコモで「データMパック」以上を契約しているユーザーに対しては、「ドコモ光パック」の適用によって毎月500円が割り引かれるとのこと。

また、NTTドコモは「ドコモ光」とスマートフォン・携帯電話をまとめて利用することで最大3200円を割り引く「ドコモ光パック」に対しては、2016年5月利用分から新たに「光複数割」を提供予定。

シェアグループ内でドコモ光を2回線以上契約する場合、2回線目以降は「ドコモ光」1回線あたり月額300円がシェアグループ親回線のシェアパック利用料金から割り引かれますが、今回提供されるドコモ光ミニはカウントの対象外とされています。

報道発表資料 : 「ドコモ光ミニ」および「光複数割」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

・関連記事
なんと20Gbps以上、ドコモが5Gで超高速通信実験に成功 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの「ペットフィット」わずか2年で終了へ、異例の超短命サービスに | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの契約者数が7000万人を突破、MVNO効果で急増 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがAndroid 6.0(Marshmallow)アップデート機種を公開、Xperia Z3やGalaxy S5も対象に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加