ソフトバンクがiPhone SEの本体価格発表、ケータイから機種変で実質負担額432円に



3月31日に発売されるiPhone SEの本体価格をソフトバンクが発表しました。先行して発表したauを意識した内容となっています。詳細は以下から。

(PDFファイル)ソフトバンクの告知ページによると、16GBモデルの実質価格は1万800円で、64GBモデルは1万6200円。新規契約・MNP・機種変更ともすべて同じ値段です。


また、au同様、3G端末から機種変更する場合、優遇措置として月月割が1万368円増額され、16GBモデルを実質432円で購入できるようになるものの、対象はソフトバンクケータイを16ヶ月以上(3Gスマホは対象外)利用しているユーザーのみ。

スマホ・ケータイともども一刻も早く3GからLTEへの移行を進めたいauと、毎月の通信料収入引き上げを狙えるケータイからの機種変ユーザーのみを狙うソフトバンクで、少しスタンスの違いが見えてきています。

・関連記事
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

2年ぶりの4インチ「iPhone SE」徹底解説、廉価版のはずがiPhone 6sクラスの性能に | BUZZAP!(バザップ!)

携帯3社が「実効速度」を公開、「最速」のはずのソフトバンクが最下位に | BUZZAP!(バザップ!)

孫社長が激怒?「元セーラームーン」など原作無視で非難殺到のソフトバンクCMが超短命で終了か | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがAndroid 6.0アップデート機種を公開、シャープ全滅&Xperia Z3も対象外に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング