KDDIが遠隔地でも気持ちが伝わるぬいぐるみ型デバイス「Comi Kuma (コミクマ)」開発、全身にセンサーを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが離れて暮らしていても気持ちが伝わる、ぬいぐるみ型コミュニケーションツールのコンセプトモデル「Comi Kuma (コミクマ)」を開発しました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、Comi Kumaは「スマホの次」を発明する研究所「au未来研究所」が開発したコンセプトモデル。一見ただのぬいぐるみですが……


全身にタッチセンサー、キスセンサー、プッシュセンサー、くすぐりセンサー、傾きセンサーなど、12のセンサーを搭載。



ユーザーの動作によって胸の部分のディスプレイにスタンプが表示され、遠隔地でも気持ちが伝わるという仕組みです。



対応する動作およびスタンプ一覧はこんな感じ。ちなみにキスセンサーは二酸化炭素検知を検知するもので、センサー近くの二酸化炭素濃度が濃くなるとキスされたと判断しているとのこと。


コンセプトモデルでは本体に搭載されたBluetoothモジュールがスマホを介して通信を行います。


なお、KDDIはComi Kumaの開発にあたり、2016年1月23日~1月29日まで、少子高齢化が進む秋田県南秋田郡五城目町でユーザートライアルを実施。

その結果、期間中Comi Kuma利用の習慣化がみられたほか、電話などの直接的なコミュニケーションの機会が増加したとのことで、Comi Kumaが祖父母と孫にとって有効なコミュニケーション手段であることが判明したとしています。

抱きしめるだけで、想いが伝わるぬいぐるみ「Comi Kuma (コミクマ)」を開発 | 2016年 | KDDI株式会社

・関連記事
AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトのチャットAI、公開からたった1日でツイッターからレイシズムと陰謀論を「学習」して公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが総務省と露骨なMNP潰し、auやソフトバンクの「のりかえ割」「下取り」を槍玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加