シャープがロボット電話「ロボホン」発売へ、お値段19万8000円



シャープがあの話題となった携帯電話「ロボホン(RoBoHoN)」を実際に発売します。詳細は以下から。

シャープのプレスリリースによると、同社は本日からロボットクリエイター高橋智隆氏(東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)と共同で開発した世界初のモバイル型ロボット電話「ロボホン」の販売を開始するそうです。本体価格は19万8000円。

ロボホンは二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型の身長約19.5cmを実現し、外出先にも持ち運んで使える3G・LTE対応モデル。電話(VoLTE対応)やメール、カメラといった基本機能や、専用アプリで提供される各種サービスを対話しながら使用できるほか、ユーザーの利用状況やプロフィールなどを学習・成長することで、より自然なコミュニケーションを実現しています。


さらに新開発のフォーカスフリー小型レーザープロジェクター(1280×720のHD画質相当)によって写真や動画、地図などを投影することや、専用アプリをダウンロードすることで、利用できる機能やサービスを追加できるとされています。


ちなみに電話としての性能は2インチQVGA(320×240)液晶、Snapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROM、800万画素カメラ、IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN搭載で、OSのバージョンはAndroid 5.0。ただし一般的なAndroidアプリは利用できません。


なお、ロボホンで対話やカメラ、プロジェクターなど、全ての機能を使うためには、専用プラン「ココロプラン(月額980円)」への加入が必要。外出先でもロボホンを利用する場合、シャープが提供するドコモ回線を利用したモバイル通信サービスへの加入も必要で、月額基本料金は650円~2280円となっています。


オプションとして保守パックサービス「ケアプラン50」「ケアプラン70」も提供。修理代金だけでなく、消耗部品の修理料金も50%ないし70%が割り引かれます。


モバイル型ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』の販売を開始|ニュースリリース:シャープ

・関連記事
持ち主を自走して追いかけてくるロボットスーツケースが登場、スマホやタブレットの充電まで可能 | BUZZAP!(バザップ!)

ロボットだけで接客する世界初の「Pepperだらけの携帯ショップ」をソフトバンクがオープンへ | BUZZAP!(バザップ!)

AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

「しかし、ご主人さま…」ロボット三原則に反し、人間の命令に従わないロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

ルンバ対抗の本格ロボット掃除機、わずか1万1000円台で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング