マイクロソフトがWindows 10の価格発表、7月30日以降は完全有料化

このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年7月29日までの1年間限定で無料でアップグレードが提供されている、Windows 10の正式な価格が判明しました。詳細は以下から。

デイリースポーツ社の報道によると、マイクロソフトが今回発表したのはWindows 10 homeエディションの価格。

マイクロソフトは7月30日以降、無料アップグレード期間を延長せずに有料化する方針で、日本ではWindows 7、8からのアップグレード版が税込1万9008円で提供されるとしています。

パソコンの出荷台数が低迷し続け、新たな需要を開拓できると思われたタブレットもIntelがAtomプロセッサの新規開発を中止するなど、あまり旗色が良くない最近のWindows。

アップグレードの有料化がそのままWindowsプラットフォームのさらなる縮小につながるような気がしてなりませんが、今回の有料化で一気に10への移行は進むのでしょうか。

ウィンドウズ10有料に/社会総合/デイリースポーツ online

・関連記事
IntelがAtomプロセッサの新規開発中止、スマホやタブレットから撤退か | BUZZAP!(バザップ!)

Windows 10への無償アップデート、あと3ヶ月で終了 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】Windows 10 MobileスマホでMSの巻き返しは困難、Androidアプリ移植のProject Astoriaも頓挫か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加