世界最大容量、256GBのmicroSDXCカードが発売される

このエントリーをはてなブックマークに追加



小指の爪ほどのサイズにDVDおよそ55枚分という、膨大な情報を蓄積できる世界最大容量のmicroSDXCカードが発売されました。詳細は以下から。

韓国メディアの報道によると、フラッシュメモリ製品を手がけるBarun Electronicsが新たに256GBのmicroSDXCカードを発売したそうです。

同製品は128GbitのTLC NANDフラッシュメモリを16個積層したモデルで、UHS-I規格に準拠したほか、基板の上に直接半導体チップを実装するチップオンボード設計によって防水性や耐衝撃性を獲得。

最大読み込み速度は毎秒97MB、最大書き込み速度は毎秒58MBで、1日に100GBのデータを書き込んでも約2年間使用できる耐久性を実現しています。


また、TLCと比較して耐久性が高いとされるMLCを採用した128GBモデルのmicroSDXCカードも発売。最大読み込み速度毎秒97MB、最大書き込み速度毎秒91MBと、高いパフォーマンスを実現しています。

ちなみに大手価格情報サイト「価格.com」によると、国内で販売されている最も容量の大きいmicroSDXCカードはサンディスクの「SDSDQUAN-200G-G4A(200GB)」で、価格は1万12円。

まだまだ高価なものの、16GB→64GB→128GBと本体容量が上がるごとに1万円以上が上乗せさせるiPhoneなどと比べれば、それでも安いのではないでしょうか。

・関連記事
960GBのSSDが3ヶ月でさらに値下がり、1GBあたりの単価も最安 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大容量・10TBのハードディスクついに発売、気になるお値段は? | BUZZAP!(バザップ!)

SIMフリーのLTEスマホがついに8000円台、格安すぎる「HOMTOM HT3 Pro」の性能は? | BUZZAP!(バザップ!)

デュアルSIMで4G同時待ち受け可能、1万2000円の格安スマホ「Infocus M560」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加