【画像】外国人写真家が見た1908年(明治41年)の日本の街角の日常風景

このエントリーをはてなブックマークに追加



20世紀初頭の日本の当たり前の日々の暮らしとはどんなものだったのでしょうか?外国人写真家からはこのように見えていました。

Arnold Gentheはドイツの学者の家庭に生まれたアメリカ人写真家。Gentheはイェーナ大学で博士号を取得し、助手として働くために1895年に訪れたアメリカ合衆国サンフランシスコの中華街でアヘン中毒の中国人たちを撮影するようになりました。

これらの写真が出版されて高い評価を得たことで、Gentheは自らの写真スタジオを作り、写真家としてのキャリアを積み上げていきます。そして明治41年に当たる1908年、Gentheは6ヶ月間日本に滞在して当時の人々や風景の写真を撮影しました。今から118年前の日本はどんな表情をしているのでしょうか?




本屋さんのようです。






氷を売っているようです。



看板に大阪の文字が見えます。



日光東照宮の神橋のようにも見えますが…?


ふろ





当時の海水浴場です。男性用と女性、子供向けの遊泳場が分かれています。



今の日本に似ているところもあれば、全く変わってしまったところも。あの頃の日本人たちはその日常の中で何を感じ、何を考えていたのでしょうか?

vintage everyday Rare Vintage Photographs of Japan's Daily Life Taken by Arnold Genthe in 1908

・関連記事
世界各地の退廃的なアヘン中毒者たちを記録した100年前の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに「華麗なるギャツビー」の世界、1920年代のクールすぎる女性ファッション | BUZZAP!(バザップ!)

人類が昔から犬猫好きだったことがよく分かる、100年前の激萌え犬猫擬人化写真 | BUZZAP!(バザップ!)

現代技術の前に滅んでいった、見たことがないのにどこか懐かしい職業11選 | BUZZAP!(バザップ!)

昔のハロウィン仮装がホラー過ぎて半ベソでお菓子を献上するレベル | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーの人気記事

  1. 【要注意】PS5が最大50万円・キャンセル不可でAmazonマケプレで出品、さっそく転売ヤーや悪徳業者の餌食に
  2. 【訃報】手塚治虫・鳥山明・宮崎駿・大友克洋・荒木飛呂彦などに多大な影響を与えたフランスの漫画家メビウス(ジャン・ジロー)、73歳で死去
  3. 【訃報】「パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスがおまえだ」キューブリックの「フルメタル・ジャケット」でハートマン軍曹を演じたロナルド・リー・アーメイが死去
  4. 【ヨシ!】電話猫・仕事猫のもちもちフェイスクッション発売決定、ドンキコラボで数量限定【どうして】
  5. 今から半世紀以上前、アナログ駆使して「画像加工」したポートレート写真たち

カルチャーに関連した楽天商品ランキング