東京レインボープライド2016が閉幕、過去最高の7万人を動員

このエントリーをはてなブックマークに追加



年を追うごとに規模と勢いを増してゆく東京レインボープライド。今年は7万人という過去最高の動員数となりました。

東京レインボープライドはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)をはじめとするセクシャルマイノリティの祭典。「生と性の多様性」を祝福し、セクシャルマイノリティが差別や偏見にさらされずに自分らしく前向きに生きていける社会を目指しています。

4月29日から都内各所を中心にセクシャルマイノリティ当事者や支援者らによって多種多様なイベントが開催されるレインボーウィークによって始まった今年の東京レインボープライド2016。

5月7日、8日には代々木公園イベント広場と野外ステージで行われるレインボーフェスタ、そして8日のレインボーパレードが行われ、こちらの来場者数が2日間で70500人となり過去最高を記録しました。パレードの参加者も4500人と去年の1.5倍となり、こちらも過去最高となっています。



8日のパレードの後に来賓・大使館スピーチが行われ、キャロライン・ケネディ駐日米国大使、ティム・ヒッチンズ駐日英国大使、そしてアン・バリントン駐日アイルランド大使が登壇してスピーチを行い、多くの拍手が湧き起こりました。



そしてBUZZAP!でもお伝えしたとおり、フィナーレのスペシャルライヴにはCharaが登場。「やさいい気持ち」「ミルク」「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」など7曲を熱唱しました。




このイベントが今のような東京レインボープライドとして始まったのが2012年。5年の間に大きくセクシャルマイノリティを取り巻く状況が変わり、渋谷区などの地方自治体で同性パートナー制度が導入され、企業が同性カップルを結婚と同等の関係と認める動きが始まり、国会でも与野党がLGBT禁止法案や支援策を論じ始めました。

東京レインボープライドもすっかり代々木公園のフェスのひとつとして定着し、大阪でもレインボーパレードが拡大しています。セクシャルマイノリティがすぐ隣にいる当たり前の存在であるとされる日も、少しは近づいているのかもしれません。

同性パートナー―同性婚・DP法を知るために
赤杉 康伸 土屋 ゆき 筒井 真樹子
社会批評社
売り上げランキング: 755,244

LGBTsの法律問題Q&A
LGBTsの法律問題Q&A
posted with amazlet at 16.05.09
大阪弁護士会人権擁護委員会性的指向および性自認に関するプロジェクトチーム
LABO
売り上げランキング: 65,494

・関連記事
Charaがセクシャルマイノリティの祭典「東京レインボープライド2016」でフリーライブを実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

【フォトレポート】渋谷の街が祝福に満ち溢れた「東京レインボープライド2015」のパレード | BUZZAP!(バザップ!)

「生と性の多様性」を祝福する祭典「東京レインボープライド2015」過去最大の55000人を動員、同性カップルの公開結婚式も | BUZZAP!(バザップ!)//buzzap.jp/news/20150428-tokyo-raibow-pride2015-report/

【レポート】大阪のLGBTの祭典、「関西レインボーパレード」に参加してきました | BUZZAP!(バザップ!)

同性パートナー制度否定・差別禁止規定も無し、自民党のLGBT支援策が極めて残念なことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加