松田洋子の「ママゴト」が実写ドラマ化、8月30日から放送開始

このエントリーをはてなブックマークに追加



若いころに子どもを亡くしたスナック経営の主人公・映子のもとにある日突然、借金取りに追われた旧友・滋子が訪れ、5歳の息子・タイジを預けていく……という、ややヘビーな出だしで始まる松田洋子原作のコミック「ママゴト」が実写ドラマ化します。詳細は以下から。

コミックナタリーの報道によると、実写ドラマ版「ママゴト」はNHK BSプレミアムで8月30日~10月18日の毎週火曜23:15~23:44の連続8回で放送予定。

主人公・映子役を安藤サクラ、映子の旧友・滋子役は臼田あさ美、映子へと預けられる滋子の息子・タイジ役は小山春朋となるほか、タイジと仲良くなる女の子・アペンタエ役は栗原巴央になるとのこと。

ほかにも古舘寛治、根岸季衣、杉本哲太らが出演予定で、脚本は杉原憲明、演出は中田秀夫、音楽は坂本秀一が担当。主題歌はTHE BLUE HEARTSの「ナビゲーター」になるとしています。

実写ドラマ化についてコメントする松田洋子さん。ドラマのセットを写真付きで紹介しています。

松田洋子さん: "「ママゴト」のNHK BSプレミアムでのドラマ化の記事をリツイートしたりコメントしてくれた皆様、ありがとうございました。 写真は物語の舞台になるスナック「アムール」の看板。 漫画のよりぐっと色っぽい趣きですね。"


なお、ママゴトの原作は以下のリンクから試し読みすることができます。

ママゴト 第1巻


松田洋子「ママゴト」実写ドラマ化、スナックのママ・映子役は安藤サクラ - コミックナタリー

ママゴト 1 (ビームコミックス)
松田 洋子
エンターブレイン

相羽奈美の犬(全) (ビームコミックス)
松田洋子
エンターブレイン

・関連記事
7月4日発売の週刊スピリッツで「日本国憲法全文」が付録に、吉田戦車ら連載陣13人が挿絵 | BUZZAP!(バザップ!)

魔夜峰央の「パタリロ!」が38年の雑誌連載に幕、ウェブ媒体に移行 | BUZZAP!(バザップ!)

寄生獣のスピンオフにまさかの萩尾望都、田宮良子の娘が主人公の「由良の門を」 | BUZZAP!(バザップ!)

ズートピアのニックの巨大レゴ像、ファンが3日間徹夜で作るも子どもが1時間で破壊 | BUZZAP!(バザップ!)

小型マッサージ器「おそ松さん ぶるぶるスティック」発売へ、おそ松女子歓喜の一品に | BUZZAP!(バザップ!)

細田守監督の「バケモノの子」地上波初放送決定、各種記念イベントも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加