受動喫煙のリスク「確実」に格上げ、肺がん発症1.3倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Chris

たばこの受動喫煙は確実に肺がん発症率を上げることが確認されました。詳細は以下から。

国立がん研究センターは8月31日、日本人のたばこを吸わない非喫煙者は、自宅や職場などで他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙によって肺がんを発症するリスクがおよそ1.3倍になるとの研究結果を発表しました。

国立がん研究センターの片野田耕太室長のグループは受動喫煙と肺がんの関連を示した426本の論文のなかから、1984年から2013年に発表された国内の9本の研究論文を用い、複数の論文を統合・解析するメタアナリシス研究という手法で解析。受動喫煙によって非喫煙者の肺がんリスクが約1.3倍高まることを日本人のデータとして初めて確認しました。

国立がんセンターはこの成果を踏まえ、肺がんのリスク評価において受動喫煙を「ほぼ確実」から「確実」に格上げしています。さらにがん予防のガイドラインである「日本人のためのがん予防法」でも、他人のたばこの煙を「できるだけ避ける」から「避ける」に格上げしています。

なお、受動喫煙による肺がんリスクの上昇については2004年時点で国際がん研究機関(IARC)が認めており、WHO調べによると2014年時点で既に世界の49ヶ国が公共の場での屋内全面禁煙を法制化しています。未だに居酒屋をはじめ、カフェや個人経営の飲食店などでは喫煙可能なケースが多々見られ、受動喫煙に関しては後進国と呼ばざるを得ないのが現状。

同センターの片野田室長は「社会の仕組みとして、法律で規制すべきだ。日本でも公共の場所と職場での屋内喫煙を全面的に禁止する法律が必要だと思う」としています。

なお、最近のオリンピックが開催されたブラジル、ロシア、英国、カナダのいずれの国でも公共の場での屋内全面禁煙は実施済み。日本が東京オリンピックで海外からのお客様をおもてなしするのであれば、2020年までの同様の法規制は必須と言えるでしょう。

受動喫煙、肺がんリスク1.3倍 がんセンター  :日本経済新聞

受動喫煙で肺がんリスク上昇 日本人のデータで初確認 _ NHKニュース

受動喫煙、日本人の肺がんリスク1.3倍 がんセンター:朝日新聞デジタル

(Photo by Chris


【指定第2類医薬品】ニコチネル ミント 90個
ノバルティスファーマ (2016-06-13)
売り上げランキング: 261

・関連記事
あれだけ体に悪いたばこがやめられない理由は脳にあったという研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

家族に喫煙者がいる子供は虫歯の可能性が最大2倍以上に | BUZZAP!(バザップ!)

世界で最も依存性の強い物質ベスト5、あの身近な嗜好品もランクイン | BUZZAP!(バザップ!)

これでやめられる?脳に高周波電磁パルスを照射するだけの簡単禁煙法 | BUZZAP!(バザップ!)

「たばこは思い切って1箱1000円へ」自民党の受動喫煙防止議員連盟が増税を要望 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加