auがドコモに速攻対抗、下り最大500Mbps超のサービスを提供予定

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日ドコモが下り最大512Mbpsの高速通信サービスを2017年3月に開始することを発表したことを受け、KDDIも対抗することを即座に発表しました。詳細は以下から。

KDDI広報部によると、同社は2017年度早期に下り最大500Mbpsを超える高速通信サービスの提供を開始するそうです。なお、通信方式や周波数帯の組み合わせについては「現時点では話せる段階に無い」とのこと。

なお、KDDI傘下のUQコミュニケーションズは昨年2月に開始した「WiMAX 2+」の下り最大220Mbpsサービスを実現するために、4×4 MIMOならびにキャリアアグリゲーション(CA)を導入済み。



ちなみに昨年1月に公開されたWiMAX 2+の増速ロードマップはこんな感じ。CAと4×4 MIMOを組み合わせることで、単純計算で下り最大440Mbpsへの筋道が付くわけですが、500Mbps超えということは、さらにau 4G LTEを組み合わせた形となるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【緊急特報】「ZenFone 5」1万円台半ばに大幅値下がり、本格デュアルカメラやAI採用でかなり使える格安スマホに
  2. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載
  3. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  4. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  5. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に

モバイルに関連した楽天商品ランキング