国内版は割高?Zenfone 3の並行輸入品が売り上げ1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加



長い時を経て、いよいよ先日発表されたものの、一番安いモデルでも3万9800円(税込4万2984円)となったZenfone 3。

249ドルで販売される海外版よりも割高に感じた層から、不満の声も上がる中、面白い動きが起きています。詳細は以下から。

大手通販サイト「Amazon.co.jp」によると、2016年9月29日18:00現在、Zenfone 3の並行輸入品が国内版より1万円近く安い、3万3500円で販売されており、スマホ本体の売り上げランキング1位に輝いています。

Amazon | SIMフリー ASUS ZenFone 3 ZE520KL 3GB 32GB 海外正規品 [並行輸入品] | スマートフォン本体 通販


なお、Zenfone 3 ZE520Kには複数のバージョンがあり、購入の際は国内版と対応バンドが同じの「TW/JP/HK/SG/PH version」を選ぶことが大事。

しかし並行輸入品は故障時のサポートなどで問題が起きるケースもあるため、あくまで自己責任となる点に注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  3. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  4. えげつないほど安い高性能タブレット「Teclast M40」1万円台に値下がり、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデルで「P20HD」も格安に
  5. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに

モバイルに関連した楽天商品ランキング