Zenfone 3が国内で初めて実現した「マルチキャリア&デュアルスタンバイ」は一体何がすごいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



大手3社の回線(マルチキャリア)に対応しただけでなく、2つのSIMカードスロットで同時にスタンバイできる国内初のSIMフリースマホとなったZenfone 3。

「マルチキャリアでデュアルスタンバイと言われても、何がすごいのかよく分からない」という人のために、分かりやすく解説してみました。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、Zenfone 3の通知画面。「KDDI/NTT DOCOMO」という、2つの携帯電話会社のネットワークを同時に利用していることが分かります。


デュアルSIMカード設定画面。4Gネットワークで通信するのは、いずれかのSIMカードのみという点に注意が必要です。



「データサービスネットワーク」で、4Gデータ通信を利用したいSIMカードスロットを選びます。


音声呼び出しやSMSを利用するSIMスロットも選択可能。音声通話やデータ通信といった用途ごとにドコモ、au、ソフトバンクの回線を使い分けられるわけです。



◆音声通話定額SIM+データ通信SIMといった使い方も
マルチキャリア&デュアルスタンバイに対応することで、「音声通話定額プランを契約したドコモ回線のSIMを音声通話用に挿し、比較的快適に通信できるUQ mobileのSIMをデータ通信用に挿す」といった使い方が可能となるZenfone 3。


音声通話用のガラケーと格安スマホの二台持ちをしていた層にとっては、1台で済むようになる分、かなりのアドバンテージと言えるのではないでしょうか。

また、Zenfone 3はSIMフリーの格安スマホとして初めてドコモ、au、ソフトバンクのネットワークでのキャリアアグリゲーション(CA)を利用可能。WiMAX 2+やAXGPなどのTD-LTEにも対応しているため、今までより高速・安定した通信を楽しむことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング