Zenfone 3が国内で初めて実現した「マルチキャリア&デュアルスタンバイ」は一体何がすごいのか



大手3社の回線(マルチキャリア)に対応しただけでなく、2つのSIMカードスロットで同時にスタンバイできる国内初のSIMフリースマホとなったZenfone 3。

「マルチキャリアでデュアルスタンバイと言われても、何がすごいのかよく分からない」という人のために、分かりやすく解説してみました。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、Zenfone 3の通知画面。「KDDI/NTT DOCOMO」という、2つの携帯電話会社のネットワークを同時に利用していることが分かります。


デュアルSIMカード設定画面。4Gネットワークで通信するのは、いずれかのSIMカードのみという点に注意が必要です。



「データサービスネットワーク」で、4Gデータ通信を利用したいSIMカードスロットを選びます。


音声呼び出しやSMSを利用するSIMスロットも選択可能。音声通話やデータ通信といった用途ごとにドコモ、au、ソフトバンクの回線を使い分けられるわけです。



◆音声通話定額SIM+データ通信SIMといった使い方も
マルチキャリア&デュアルスタンバイに対応することで、「音声通話定額プランを契約したドコモ回線のSIMを音声通話用に挿し、比較的快適に通信できるUQ mobileのSIMをデータ通信用に挿す」といった使い方が可能となるZenfone 3。


音声通話用のガラケーと格安スマホの二台持ちをしていた層にとっては、1台で済むようになる分、かなりのアドバンテージと言えるのではないでしょうか。

また、Zenfone 3はSIMフリーの格安スマホとして初めてドコモ、au、ソフトバンクのネットワークでのキャリアアグリゲーション(CA)を利用可能。WiMAX 2+やAXGPなどのTD-LTEにも対応しているため、今までより高速・安定した通信を楽しむことができます。

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  2. 1万円ちょいの超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  3. PayPayが最大20%還元と1500円分プレゼントの「スーパーで!PayPayお買い得市」開催、飲み物がお得に
  4. 性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」またまた値下げ、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  5. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます

モバイルに関連した楽天商品ランキング