富士通がパソコン事業をレノボと統合へ



かつて「FMV」で一世を風靡した富士通のパソコン事業が、大きな転機を迎えます。詳細は以下から。

NHKの報道によると、富士通は中国・Lenovoグループとパソコン事業を統合する方向で最終調整を進めているそうです。

事業統合は富士通の子会社にLenovoが株式の過半数を出資する形で行う見込みで、開発や部品の調達や生産を共同で行うことで収益力を強化することを目指しているとのこと。

なお、統合はあくまでLenovoや同社とパソコン事業を統合したNECのブランドとは切り離して行われるとされているものの、FMVのブランドを維持するかどうかは協議を進めている最中とされています。

富士通 PC事業を中国レノボ・グループと統合へ最終調整 | NHKニュース

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 最新パソコン「GREEN G3」値下げで2万円台に、十分使えるCPUや8GBメモリ/256GB SSD搭載の超格安モデル
  2. 1万円台の超格安パソコン「BMAX MaxMini B1」値下げ、拡張性十分でポケットサイズのコンパクトボディに
  3. 超格安パソコン「GREEN G2」好評で値下げ再び、高性能CPUに16GBメモリ/512GB SSD採用で仕事でもプライベートでも大活躍
  4. 最強ポータブル電源「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」大きく値下げ、スマホ100回以上フル充電やドライヤーにも対応でバッテリー寿命は約6倍に
  5. 超格安の高性能パソコン「TRIGKEY Speed S」大幅値下げ、大人気の「GREEN G2」から性能2倍で価格は据え置き

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング