三太郎CMのauが2年連続でCM好感度ダントツ1位に、ドコモの順位も飛躍的にアップ



2015年からauが展開する「三太郎」シリーズが、今年もCM好感度1位に輝いたことが明らかになりました。好感度上位には携帯会社が立ち並ぶなど、興味深い結果となっています。詳細は以下から。

KDDIおよびCM総合研究所のプレスリリースによると、2016年度のCM好感度ランキングにおいて、auが2年連続、史上最高水準のスコアを叩き出して1位となったそうです。なんと23ヶ月連続1位の記録も更新しているとのこと。

【au】三太郎スペシャルページ | au


携帯各社のCM好感度ランキングを並べるとこんな感じ。白戸家が10年目を迎えるソフトバンクは2位で、前年9位だったドコモは一気に3位に。4位は「なめ猫」が登場するシリーズが好調だったワイモバイルです。

1位:au
2位:ソフトバンク
3位:NTTドコモ
4位:ワイモバイル


ドコモの順位が急に上がったことからも分かるように、誰からも嫌われない、万人受けを目指した「手堅い」「無難な」CMよりも、個性的なものが好まれる風潮が顕著となった今回のランキング。

しかし一方でキャラクター選びやシチュエーションを間違えると、「原作に敬意を感じない」「不快」などと非難の声が寄せられ、すぐさま公開中止となったソフトバンクの「元セーラームーン」CMのような事態となってしまうため、企業や広告代理店は引き続き神経をとがらせ続けることになりそうです。

「"三太郎"シリーズ」のauが2年連続受賞! 2016年度CM好感度No.1銘柄に選出 | 2016年 | KDDI株式会社

2016年度 ヒットCM動向 | ニュースリリース | CM総合研究所・東京企画

・関連記事
「原作に敬意を感じない」「不快」、元セーラームーン登場のソフトバンク新CMに非難の声 | BUZZAP!(バザップ!)

孫社長が激怒?「元セーラームーン」など原作無視で非難殺到のソフトバンクCMが超短命で終了か | BUZZAP!(バザップ!)

本日公開のソフトバンク新CM、好感度1位のau「桃太郎CM」を挑発した下品すぎる内容に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ソフトバンク「Pixel 6a」24円に、発売初日から回線契約なしでも大幅割引き
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに
  3. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  4. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  5. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に

モバイルに関連した楽天商品ランキング