メタル感がハンパない、自動車のホイールキャップで作られたクリーチャーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加



何とも経験値の多そうなクリーチャーたちです。詳細は以下から。

イギリスで活動するPtolemy Elringtonさんは路上に落ちている廃材などを材料として彫刻を作成するアーティスト。その中でメインとなっているのは自動車のホイールキャップを用いて生き物を形作る「Hubcap Creatures」というシリーズです。

路上の廃材ですからそれぞれの材料にはひっかき傷や摩損個所が存在しているのですが、Elringtonさんはそれらこそが独特の風合いと歴史を作品に与えると考えています。

Elringtonさんの作品のバリエーションはほ乳類から鳥類、魚類、昆虫など多岐に渡っています。雷属性がめっちゃ効くか、そうでなければ大量の経験値を稼げることは間違いなさそうなフォルムです。












これ以外の作品は公式HPから閲覧可能。既存の作品は購入することもでき、価格はサイズや造形によって送料別で300ポンド(約43000円)~10000ポンド(約143万円)まで。最も大きなものは高さ4mを超えています。気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

Home - Hubcap Creatures

Sharks, stingrays, snakes & other nasty beasts, all made from hubcaps _ Dangerous Minds


15インチホイールカバー シルバー WJ-5001-B15
アーク・ヒル
売り上げランキング: 59,295

・関連記事
中国の廃品置き場で作られたパチモノのトランスフォーマーが意外なハイクオリティで観光スポットに | BUZZAP!(バザップ!)

タイヤで作られたモンスターや動物のオブジェが今にも飛び掛ってきそうな躍動感 | BUZZAP!(バザップ!)

1本の巨木に4年をかけて彫り込まれた中国の巨大彫刻の壮大さと精密さにめまいを覚える | BUZZAP!(バザップ!)

ぐにゃぐにゃ曲がって長くのびーる!数千枚の紙を重ねて作ったLi Hongboのあまりに異様で不気味な彫刻 | BUZZAP!(バザップ!)

生物学的なリアルを追求したファンタジー動物を彫刻し続けるEllen Jewettの世界 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーの人気記事

  1. 【追記あり】自らの女性器の3Dプリンタ用造形データを配布したアーティストのろくでなし子さんが逮捕、釈放を求める署名活動も
  2. ダニエル・ラドクリフのヤバ過ぎる二丁拳銃姿が話題となったガンアクション映画「Guns Akimbo」のトレイラーが公開
  3. 「ローマの休日」が公開された1953年、まだ駆け出しだったオードリー・ヘップバーンの「オフショット」集
  4. 【訃報】ラム・ダスが88歳で死去、「ビー・ヒア・ナウ」を著したサイケデリックとスピリチュアルの伝道師
  5. 「オリオン座の近くで燃える攻撃型宇宙船、タンホイザーゲートの暗闇に瞬くCビーム」ルトガー・ハウアーが死去

カルチャーに関連した楽天商品ランキング