iPhoneの爆発が原因か、エジプト航空804便の墜落事件に新たな見解

このエントリーをはてなブックマークに追加



飛行機の墜落事故にiPhoneが関係しているかもしれないという可能性です。詳細は以下から。

2016年5月19日、フランスのパリからエジプトのカイロへ向かうフライトの途中に消息を絶ち、墜落が確認されたエジプト航空804便。当初はテロの可能性も取り沙汰されていましたが、フランス当局の調査の結果、副操縦士のiPhoneかiPadが原因である可能性が浮上していることが分かりました。

フランスのLe Parisien紙によると、804便の副操縦士がコックピットに私物のiPhone 6SとiPad mini 4、そして2種類のエアロゾルを成分として持つ4種類の香水を持ち込んでいたことが判明しました。

副操縦士が離陸直前にiPhone 6SとiPad mini 4、そして香水の入ったポーチをコックピットの右側(副操縦士側)のダッシュボードに置いていることを、パリ=シャルル・ド・ゴール空港の航空機の正面の監視カメラが捉えています。

この「コックピット右側の窓付近」は飛行機と地上で運行に関する情報をやりとりするAcarsシステムが最初に自動送信した警報で異常が生じた箇所として報告した場所と一致。そしてまもなく飛行機前部のトイレ付近で煙が立ち込めているという通信があり、その後に飛行機は消息を絶ちます。

現時点ではiPhoneやiPadが原因と特定できる直接的な証拠はありませんが、以上の情報から当局はiPhoneかiPadのリチウムイオンバッテリーの異常発熱と香水のエアロゾルが異常の原因となった可能性があると考えています。

アップル社は同紙の取材に対して

当社はGTAを始めとするいかなる機関からも804便の墜落事故について接触を受けておらず、その報告書の事も招致していない。我々の理解としては、アップル社の製品がこの事故に関係するといういかなる証拠も存在していない。

アップル社としては捜査当局のいかなる質問にも回答するにやぶさかではない。また、アップル社は自社製品を国際安全規格に適合するか、それを超えるよう厳密にテストしている。


と回答しています。発火トラブルといえば発売直後に全数リコールとなり、日本でも飛行機内持ち込み指示の出されたSamsungの「Galaxy Note 7」を思い出しますが、iPhone 6SとiPad mini 4ではこれまで深刻な発火トラブルは報告されていません。

Crash of egyptair_ what happened in the cockpit of the plane_ - The Parisian

・関連記事
「Galaxy Note 7」が発売早々全数リコールへ、充電中に爆発する不具合が相次ぐ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7販売失速、Galaxy Note 7爆発特需でもカバーできず | BUZZAP!(バザップ!)

逆転の発想、緊急時に客室を切り離してパラシュートで安全に降下させられる飛行機 | BUZZAP!(バザップ!)

パイロットや客室乗務員が教えてくれない「飛行機のちょっと聞きたくなかった話」 | BUZZAP!(バザップ!)

窓のない旅客機が登場へ、代わりに壁が全面スクリーンでパノラマ体験も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加