「ドコモがスマホ料金を1000円値下げ」と報じられる

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモがスマホ料金を1000円ほど値下げするという報道が行われました。しかしそこまで喜ばしい内容とも限らないようです。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、ドコモが2月にもスマホの最低料金を1000円ほど値下げし、月額5500円前後にするそうです。

これは従来、ドコモ個人向けプランでは5分以内の通話が定額になる月額1700円の「カケホーダイライト」について、5GB以上のパックしか組み合わせられなかったのに対し、新たに2GBパックを組み合わせられるようになるというもの。

新たな施策が導入された場合、最安料金は1000円ほど下がるものの、特にパケット単価が下がる、割安な料金プランが新設されるというわけではなく、「値下げ」と言われるといささか疑問符が付く内容です。

・従来の最安プラン
カケホーダイ+2GBパック+spモード=6500円
カケホーダイライト+5GBパック+spモード=7000円

・新たに利用できる組み合わせ
カケホーダイライト+2GBパック+spモード=5500円

なお、すでにauやソフトバンクは昨年、5分通話定額定額プランと1GBのパケットパックを組み合わせられる月額4900円のプランを設定済み。

1GBプランには「毎月割や月月割を受けられないというデメリットがありますが、auは別途3GBパックを組み合わせられるプラン(月額6200円)も提供するなど、ドコモに先んじているのが現状です。

スマホ料金、月1000円下げ NTTドコモ、最安プランで :日本経済新聞

・関連記事
ドコモがカケホーダイライトと2GBパックを組み合わせ可能に、超長期契約者は月額4900円 | BUZZAP!(バザップ!)

どこがお買い得?ドコモが3年半前の「ツートップ」を当時と同じ価格で売りつける暴挙に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが携帯電話の無償修理を有償に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iモードケータイ」の出荷終了 | BUZZAP!(バザップ!)

もはやUSBがボトルネック、下り最大682Mbpsの超高速通信に対応した「Wi-Fi STATION N-01J」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に
  5. 1万円台前半の格安タブレット「Teclast P20HD」や「Alldocube iPlay 40」値下げ、動画視聴もビデオ会議もカーナビ代わりにも活躍の本格SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング