【保存版】スーツ一式を皺にならずスーツケースに収納する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加



出張などでスーツ一式をスーツケースに入れる時、こうすれば皺になりません。詳細は以下から。

日帰りや一泊程度の出張ならスーツを着たまま向かえばいいのですが、数日以上に及ぶ出張では替えのスーツが必要になることも。また、遠方での冠婚葬祭に出席する時、さすがに家からスーツを着ていけないということもあります。

そんな時に困るのが、スーツを運ぶ時にできてしまう皺。プレゼンテーションやセレモニーの場でしわくちゃのスーツを着ているのはあまり美しくありません。

香港のカスタムメイド紳士服店「British Tailors」のJacky Tamさんは衣類圧縮袋を用いた、皺にならないスーツ一式のスーツケースへの収納方法をレクチャーしてくれています。説明は英語ですが、実際に畳みながらなのでひと目で分かります。

How to fold a suit, pants and shirt to go in a suitcase without wrinkling - YouTube


キモは衣類圧縮袋を潰さず、空気を入れた状態で収納すること。これによって皺のできる可能性を大きく減らせるとのこと。多少かさばりますが、この辺りはどれだけ荷物を詰め込むのか、それよりもスーツを優先するのかの選択になりそう。

Tamさんの畳み方は完全にプロフェッショナルで、慣れない人が真似をするには多少の練習が必要になりそうなので、出張直前に慌てて試すのは危険かも知れません。

How to Fold and Pack a Suit, Pants, and Dress Shirt in a Suitcase to Avoid Wrinkles

・関連記事
Tシャツをおしぼりサイズにまで小さく収納できる、軍隊式シャツの畳み方 | BUZZAP!(バザップ!)

紛争地域や福岡への出張に最適、防弾仕様の三つ揃えスーツが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

出張先でも外国でも、USB接続で手軽に洗える「どこでも洗濯機」の新発想が素晴らしい | BUZZAP!(バザップ!)

持ち主を自走して追いかけてくるロボットスーツケースが登場、スマホやタブレットの充電まで可能 | BUZZAP!(バザップ!)

これを待ってた…!「家庭用自動洗濯物畳み機」が発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加