NOKIAが17年前に発売した伝説的機種「3310」を再発売へ



かつて世界を風靡した携帯電話をNOKIAが再発売することが分かりました。詳細は以下から。

スマートフォン全盛期になってからは名前を聞くことも少なくなったNOKIA。しかしガラケー全盛期には海外で携帯電話といえばNOKIAという時代が長く続いていました。

その中でも代表的なのが2000年に発売された「Nokia 3310」。白黒液晶モニターというレトロさながら、極めて長い待ち受け時間と高い耐久性、そしてシンプルながら洗練されたデザインによって一時は世界で最も有名な携帯電話となった機種です。

NOKIAは2月26日にスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congressにおいて正式に公開されるとのこと。値段は59ユーロ(約6700円)になる予定とされています。

従来のファンはもちろん、スマホやタブレットとの2台持ちを考えている人にはバッテリーを気にしなくて済む通話専用機としてまたとないチョイスになりそうです。日本での再発はあるのでしょうか?気になるところです。

HMD Global will launch the Nokia 3, 5, and 6 at MWC, plus a 3310 homage _ VentureBeat _ Mobile _ by Evan Blass

After 17 Years Nokia Will Re-Launch Their Legendary Phone, The 3310


Nokia 2730 Classic SIMフリー ブラック 並行輸入品
Nokia
売り上げランキング: 41,537

・関連記事
鴻海が世界規模の携帯電話メーカーに、マイクロソフトからNOKIAの携帯電話部門を買収 | BUZZAP!(バザップ!)

NOKIAがスマホ事業再参入へ、2016年にも新機種発売 | BUZZAP!(バザップ!)

鍵やサイフなどを無くさずに済む、便利すぎるスマホ向けアクセサリー「Nokia Treasure Tag」 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトがNOKIAの携帯電話事業などを買収、54.4億ユーロで | BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.12】インドの携帯、スマフォ事情はどうなっているのか?【追記あり・格安NOKIAからiPhoneまで】 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング