ついにiPhoneが中華スマホに完敗、Huaweiにダブルスコアで差を付けられる



中国市場におけるAppleの旗色がどんどん悪くなりつつあります。詳細は以下から。

調査会社・IDCが発表したデータによると、2017年第1四半期に中国市場でのiPhone出荷台数が大幅に後退したそうです。

これはHuawei、Oppo、Vivoなどの中国メーカーの出荷台数が引き続き増加したことを受けたもので、iPhoneの出荷台数は前年同期比26.7%減の960万台にまで落ち込んだとのこと。また、Appleの中国市場での収益も12%減の162億ドルとなっています。

また、Appleから大きくシェアを奪った中国メーカー各社の状況については、前年同期比25.5%増の2080万台を出荷したHuaweiがAppleにダブルスコアで差を付け、市場トップに。

2位のOppoは1890万台、3位のVivoは1460万台を出荷するなど、いずれもAppleを大きく上回っています。

なお、このような結果となったのは決して物量に任せた価格攻勢だけが原因ではなく、中国メーカー各社が現地の事情に即した販売体制を展開しているため。

20万にもおよぶ販売店網を構築したOppoやVivoに対抗すべく、Huaweiも中国の主要都市に経験豊富なスタッフを配置したショップを1000店舗以上設立したほか、世界中に1万5000を超えるショップの設立を目指しているとのこと。

つまり世界各国の主要都市にApple Storeを展開するのみのAppleとはやり方が根本的に異なるわけですが、中国メーカーの取り組みは次の成長市場として期待されるインドで実を結んでおり、インドでのiOSのシェアがわずか3%にとどまる事態となっています。

China market: Local vendors ramp up smartphone shipments at the expense of iPhone in 1Q17

・関連記事
「iPhoneはインドで絶対売れず、Appleは失地を挽回できない」という分析が的確すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

AppleがiPhone 8(仮)の発売を10~11月に延期か | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホが1Mbpsを割り込む昼12時台、UQ mobile版iPhone SEの通信速度をガチンコ測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「有機EL版Xperia」発売は困難か、AppleやSamsungがスマホ向け有機ELを独占へ | BUZZAP!(バザップ!)

スマホのOS戦争完全決着、「第3のOS」は生まれずに終わりました | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhoneはインドで絶対売れず、Appleは失地を挽回できない」という分析が的確すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホでも「大画面フルHD液晶」が当たり前になった理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  2. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  3. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  4. Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  5. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング