Xiaomiの新型スマホ発売に大幅な遅れ、有機EL調達困難で仕様ダウングレードも



有機ELパネルが調達できないことを受け、Xiaomiの主力スマホの発売が遅れる上、仕様がダウングレードされたものになる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、SamsungがXiaomiの次期フラッグシップスマホ向けに6インチQHD(2560×1440)の従来型有機ELパネルを供給する見通しであることを韓国紙が報じたそうです。

Samusungは2017年12月に100万枚、2018年1月には220万枚のパネルを供給するとみられています。

なお、Xiaomiは本来、次期フラッグシップスマホにLGディスプレイが手がける5.49インチのフレキシブル有機ELパネルを利用する方針でしたが、LGディスプレイのライン立ち上げが遅れたことを受け、調達先をSamsungに切り替えた上でフレキシブル有機ELパネル非採用に仕様をダウングレードする事態に。

さらに次期フラッグシップスマホの発売は当初予定していた2017年下半期から、2018年早期へとずれこむ可能性があることを業界関係者は明かしています。

ちなみにSamsungはHuawei、Oppo、Vivoといった中国のスマホメーカートップ3と有機ELパネル供給について契約を締結済み。ここにXiaomiも加わることで、主要な中国メーカーの大半をカバーすることになります。

・関連記事
有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「量産を保証できるレベルではない」有機EL搭載のiPhone 8、11~12月発売にずれ込みか | BUZZAP!(バザップ!)

「有機EL版Xperia」発売は困難か、AppleやSamsungがスマホ向け有機ELを独占へ | BUZZAP!(バザップ!)

一部でオワコン扱いされたXiaomiがスマホ市場で復調の兆し、出荷台数前年比70%増に | BUZZAP!(バザップ!)

「GoogleがLGの有機ELに1兆ウォン投資」報道でシャープの株価が暴落 | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungやLG、有機EL(OLED)ディスプレイに必要な有機材料を自社生産へ | BUZZAP!(バザップ!)

フルスクリーンスマホ用、18:9の6インチ液晶「FULL ACTIVE」をジャパンディスプレイが量産開始 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性
  5. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始

モバイルに関連した楽天商品ランキング