ソフトバンクのSIMロック版iPhoneを使える音声通話対応の格安SIM、ついに発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



中古市場にあふれるソフトバンクのSIMロック版iPhoneが、いよいよ本格的な草刈り場となります。詳細は以下から。

日本通信のプレスリリースによると、同社はソフトバンクとソフトバンク回線を利用した音声サービスの提供に合意し、2017年8月16日(水)午前10時から音声通話付き格安SIMを提供するそうです。

これによりソフトバンクのSIMロックが施されているiPhoneをそのまま利用できるようになるとのこと。なお、新たなSIMカードの詳細などについては、後日告知するとしています。

今まで解禁されなかったこともあり、一大市場になるとみられるソフトバンクiPhone向けの格安SIM。日本通信が先鞭を付けた形となりましたが、今後どの事業者が追従するのかが気になるところです。

ソフトバンクのiPhone・iPadで使える格安SIM b-mobile S|日本通信株式会社

・関連記事
「過去10年に発売されたiPhoneの3分の2は現役で稼働中」という衝撃のデータが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

自称「日本のマチガイないSIMフリースマホ」ことarrows M04、2年前から基本性能が一切進化しない快挙を成し遂げる | BUZZAP!(バザップ!)

「業界最速」「SNS無料」「シェアNo.1」、行政指導を受けた格安スマホ・フリーテルの広告が本当にひどい | BUZZAP!(バザップ!)

使い放題サービスもあった「ぷららモバイルLTE」終了へ、NTTグループ初のMVNO脱落者に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング