HuaweiとAppleがちんこ勝負、「Mate 10」をiPhone 8発売にぶつけることに

このエントリーをはてなブックマークに追加



「フラッグシップスマホの発売時期をなるべく新型iPhoneと被らないようにする」

iPhoneの話題に埋もれてしまわないよう、スマホメーカー各社はそんな処世術を選んできましたが、大きく潮目が変わることになりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huaweiは新型iPhoneの発売にあえてぶつける形で「Huawei Mate 10」の9月発売を予定しているそうです。

HuaweiのコンシューマービジネスグループCEO・Richard Yu氏は先日、Mate 10がバッテリー寿命と写真撮影能力、処理速度、デザインにおいて新たなイノベーションおよび機能を導入することを明かしています。

具体的にはTSMCの10nm FinFET技術を採用した最新プロセッサ「Kirin 970(ARM Cortex-A73 4コア+A53 4コア)」やジャパンディスプレイが開発した18:9、6インチ液晶「FULL ACTIVE」を採用するとのこと。


なお、Huaweiは2017年上半期にMate 9シリーズ850万台、P10シリーズ600万台を含む7300万台のスマートフォンを出荷するなど好調。満を持してAppleとガチンコ勝負を繰り広げることになります。

・関連記事
MediaPad T2 Proより高性能な格安SIMフリータブレット「Huawei honor Pad 2」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

「過去10年に発売されたiPhoneの3分の2は現役で稼働中」という衝撃のデータが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「量産を保証できるレベルではない」有機EL搭載のiPhone 8、11~12月発売にずれ込みか | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhoneが中華スマホに完敗、Huaweiにダブルスコアで差を付けられる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング