楽天が携帯キャリア事業に参入へ、周波数割り当て申請で「第4のキャリア」再誕なるか



2012年にソフトバンクに吸収されたイー・モバイル(イー・アクセス)以来となる、「第4のキャリア」が到来するかもしれません。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、楽天は2018年1月にも総務省が新たに携帯電話向けに割り当てる電波の取得を申請し、2019年度中にサービスを開始する方針を固めたそうです。

2025年までに最大6000億円を調達して基地局などに投資するとのことで、周波数割り当てが実現すれば7年ぶりに「第4の携帯電話会社」が誕生することになります。

なお、楽天が申請するのは携帯電話向けに開放が予定されている、現在防衛省などが使っている周波数帯。

莫大な投資が必要となるものの、自前で回線や設備を持つことでサービス向上に経営資源を向けやすくすることを目指しており、まずは都市部からサービス展開していく方針。ドコモと協議するとしているため、エリア外ではドコモ回線を使うことになるようです。

加入者が伸び悩む一方、次世代高速通信への投資額が膨れ上がったことで破綻したウィルコムやイー・モバイル、サービスを立ち上げることすらできなかったアイピーモバイルのことを考えると、決してリスクが低いわけではない新規参入。

用地を獲得し、ゼロから基地局を整備するのは修羅の道とも思えますが、楽天の経営体力とECサービス、ポイントなどの経済圏さえあれば、第4の携帯電話会社として存在感を発揮できるかもしれません。

・追記
楽天が正式に発表しました。1.7GHz帯ないし3.4GHz帯の割り当てを目指しており、投資規模は最大6000億円。サービス開始時期は2019年中を予定しており、目標契約者数は1500万人以上とされています。なお、各周波数の特徴についてはBuzzap!の関連記事を参照のこと。

携帯キャリア事業への新規参入表明に関するお知らせ | 楽天株式会社

・関連記事
第4・第5のキャリア実現か、楽天やドコモが欲しがる「新たな周波数帯(1.7GHz/3.4GHz帯)」を解説してみた | BUZZAP!(バザップ!)

データを使い切っても動画見放題で月額1980円、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」を試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

楽天モバイルが口座振替に対応、クレジットカード不要に | BUZZAP!(バザップ!)

楽天トラベルに旅館が抗議、キャンセル料徴収や不正利用の損失を宿泊施設に負担させる | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング