富士通の携帯電話事業がファンド「ポラリス・キャピタル」に売却決定、他社からスマホ受託生産も



富士通の携帯電話事業が正式に決定しました。詳細は以下から。

携帯端末事業の再編に関する株式譲渡契約の締結について : 富士通

富士通のプレスリリースによると、同社は携帯電話事業を手がける子会社「富士通コネクテッドテクノロジーズ」および「富士通周辺機株式会社」が持つ携帯端末工場を新たに設立するジャパン・イーエム・ソリューションズ(JEMS)に承継。

その上で富士通がポラリス・キャピタル・グループにJEMSの株式を譲渡し、富士通自体はJEMSの株式を19%保有するとのこと。株式の譲渡に伴って富士通は約300億円を得られる見通しとされています。

なお、ポラリス・キャピタル・グループは富士通の「らくらくフォン」「arrows」ブランドや培われてきた無線、生体認証、セキュリティなどの基盤技術や省電力、熱制御技術などの各種技術を使った事業展開を進めるだけでなく、携帯端末工場を使ったODM・EMSビジネスを拡大する方針。

かつて国内シェア1位を獲得したこともある富士通の携帯電話事業がこのような形になってしまうのは少し残念ですが、一方でキャリアの顔色をうかがう必要が減るのであれば、あるいはチャンスなのかもしれません。

・関連記事
超頑丈に強化された「arrows NX F-01K」レビュー、画面を触らずスクロールできる「Exlider(エクスライダー)」だけで買う価値あり | BUZZAP!(バザップ!)

自称「日本のマチガイないSIMフリースマホ」ことarrows M04、2年前から基本性能が一切進化しない快挙を成し遂げる | BUZZAP!(バザップ!)

Celeron/メモリ2GB/500GB HDDモデルが26万円、富士通からLenovoが手に入れる「法人向けパソコン市場」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

「arrows M04 PREMIUM」超速攻レビュー、UQ mobile版はスペックを向上させた特別仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. 「全画面iPhone」ついに登場か、画面下カメラとセンサーでノッチもパンチホールも消滅へ
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング