「LINEモバイル」株式の過半数をソフトバンクが取得してMVNO事業推進へ、格安スマホ業界に激震

このエントリーをはてなブックマークに追加



格安スマホ業界に激震が走りそうです。詳細は以下から。

LINEモバイルおよびソフトバンクのプレスリリースによると、両社はLINEモバイルが運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする戦略的提携を進めることで本日基本合意したそうです。

この戦略的提携は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携およびMVNO事業推進のための業務提携で構成されており、詳細は今後の両社協議により決定。

これによりLINEモバイルはLINEとソフトバンクの下で事業を行うことになりますが、なんと取引完了時の出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%となるため、LINEモバイルの事業に対し、ソフトバンクの意向が強く影響することになります。

ワイモバイルが好調なソフトバンクがMVNO事業を積極的に手がけることになる今回の戦略的提携。LINEモバイルがドコモ、ソフトバンク回線を組み合わせたフルMVNOとなった場合、そのインパクトはかなりのものです。

LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

・関連記事
MVNOからの集中砲火にサブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)が反論、「不当に速い」という批判について考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

楽天「携帯電話の基地局を整備するから大手3社は鉄塔などを格安かつ迅速に貸せ」 | BUZZAP!(バザップ!)

投資額たった6000億円でプラチナバンドもなし、散華しかねない楽天「第4の携帯キャリア事業」はどうやって生き残るのか | BUZZAP!(バザップ!)

第4・第5のキャリア実現か、楽天やドコモが欲しがる「新たな周波数帯(1.7GHz/3.4GHz帯)」を解説してみた | BUZZAP!(バザップ!)

初心者でも外さない、ぶっちゃけまくったスマホの選び方 in 2018 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加