nova lite 2よりお得な格安スマホ「Vernee M6」登場、ドコモのプラチナバンドLTEやDSDSにも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



新たなトレンドとなった18:9のフルディスプレイを備えつつ、ドコモのプラチナバンドLTEにも対応。

安かろう悪かろうではない、なかなか気合の入った格安スマホが発売されました。詳細は以下から。

これが今回解説する「Vernee M6」。アップデートでAndroid 8.1にも対応するAndroidスマホで、5.7インチのHD+(1440×720)IPS液晶を備えています。


従来のアスペクト比16:9、5.5インチディスプレイを備えたスマホとほぼ同じサイズのまま、画面が大きくなりました。


MediaTekの「MTK6750(ARM Cortex-A53 1.0GHz×4、1.5GHz×4)」に4GB RAM/64GB ROMを搭載。スペック的にはエントリーモデルに属するモデルな一方、メモリとストレージは潤沢にあるため、すぐに使い物にならなくなるといったことはありません。


バッテリーも一般的なスマホよりわずかに大きめな3300mAh。


フロントカメラは800万画素(ソフトウェア処理で1300万画素相当に)


背面カメラは1300万画素(ソフトウェア処理で1600万画素相当に)。無難なスペックです。


ボディには金属を使っており、薄さ6.9mm。薄型大画面スマホとなっています。


スペックをまとめるとこんな感じ。なお、技適マークの問題はあるものの、Vernee M6はドコモのプラチナバンドLTEを含む3G(W-CDMA B1/B5/B8)、4G(FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20)をやIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0などを搭載。DSDS対応で2枚のSIMカードを同時に利用することもできます。


なお、カラーバリエーションはブルーとブラック。


以下の通販サイト「GearBest.com」によるとVernee M6の本体価格は1万6718円。サブスマホ、ルーター代わりにも使えそうな廉価モデルとなっています。

Vernee M6 4G Phablet -$149.99 Online Shopping| GearBest.com

・関連記事
ドコモ回線本格対応の格安スマホ「Meiigoo M1」値下がり、デュアルカメラや6GB RAM搭載でわずか2万円に | BUZZAP!(バザップ!)

破格で高性能な「Teclast F6 Pro(Tbook)」レビュー、大容量メモリ搭載やSSD増設も可能なMacBook Air感あるモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

iPad Proライクな大画面美麗液晶に大容量メモリとSSD搭載、期待の新型タブレット「Cube KNote 8」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加