ソフトバンクの看板だった「ホワイトプラン」、6月27日に受付終了へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯電話市場における価格破壊者だったころソフトバンクを象徴していたプランがいよいよ終焉を迎えます。詳細は以下から。

ソフトバンクの公式ページによると、同社は6月27日に「ホワイトプラン」「標準プラン(2年縛りがないもの)」の新規受付および契約変更、プラン変更の受付を終了するそうです。

一部料金プランの受付終了のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク


ホワイトプランはソフトバンク同士であれば1~21時の通話やSMSが無料になるというもの。大手携帯各社初の試みで、auは丸ままコピーし、ドコモも「Xiトーク24」という形で追従しました。


ドコモが通話定額を組み込んだ新プラン「カケホーダイ」への一本化をユーザーに強制した2014年に廃止されることがいったん表明されたものの、その後撤回されたホワイトプラン

2007年の提供開始から11年、いよいよ役目を終えることとなります。

・関連記事
「実質0円」すら根絶目指して総務省がスマホ割引規制強化、"総無能"の悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

auとソフトバンクの「2年後にスマホ返却で残債タダ」を4年縛りと問題視、公正取引委員会と総務省が調査へ | BUZZAP!(バザップ!)

【復旧】ソフトバンクが全国で通信障害、重大事故に該当か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加