藤崎竜の「封神演義」が18年ぶりに「外伝」で復活!!「少年ジャンプ+」ではPC・スマホからも閲覧可能

このエントリーをはてなブックマークに追加



絵柄もノリも当時のままの堂々の復活に歓喜の声が溢れています!詳細は以下から。

4月26日発売の週刊ヤングジャンプ21・22合併号(集英社)で藤崎竜の「封神演義」の続編に当たる「封神演義 外伝」が短期集中連載としてスタートしました。

「封神演義」は「西遊記」「三国志演義」「水滸伝」とならぶ中国の四大怪奇小説のひとつ(編集部注:第1話本文より)。日本での知名度は他の3つに比べて低いものでしたが、1996年から週刊少年ジャンプで連載された本作によって知名度は大きく上がりました。

原作は安能務訳「封神演義」とされていますが、ストーリーやキャラクターの独自の解釈や、独特な衣装や宝貝(仙界の法具)のデザインから本作は「藤崎封神」と称されることもあります。

「封神演義 外伝」は「封神演義」の続編に当たる時間軸で物語が始まりますが、第1回タイトルが「太公望メタボになる」という辺り、ファンにはたまりません。

既にネット上では18年前の連載当時の絵柄やノリがそのままに物語が始まっている事への驚きと喜びの声が満ち溢れています。

本作は封神演義外伝 - 藤崎竜 | 少年ジャンプ+にも掲載されており、リンク先から無料で第1話の閲覧が可能です。

また、本編を読み返してみたい人や今回初めて「藤崎封神」に触れる若い世代のために「ヤンジャン!アプリ」にて100話までのモノクロ版が2週間限定で無料公開されることになっています。


18年経っても同じ絵柄とノリであることもすごいのですが、それでもまったく古さを感じさせない辺りもフジリューの天才を物語っていると言えるでしょう。

藤崎竜短編集 1 WORLDS ワールズ (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2018-01-01)
売り上げランキング: 47,987

・関連記事
【速報】ウテナの幾原監督最新作「さらざんまい」が2019年に!! | BUZZAP!(バザップ!)

伊藤悠の漫画版「皇国の守護者」が絶版に、電子書籍化も無し | BUZZAP!(バザップ!)

「この世界の片隅に」連続テレビドラマ化、主演がのん(本名:能年玲奈)かは不明 | BUZZAP!(バザップ!)

「あしたのジョー」のちばてつやが敗戦と満州引き上げの実体験を描いた作品「家路」が全編無料公開中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加