初の高級スピーカーも、「SoundCore」に統一されたAnkerのサウンド新製品一挙レビュー【スピーカー編】

このエントリーをはてなブックマークに追加



気がつけばモバイルバッテリーなどに続く収益頭となっていたAnkerのサウンド製品。

ポータブルスピーカーなどに採用されている「SoundCore」ブランドに統一されることが本日発表されましたが、合わせて発表された怒濤の製品群のレビューをお届けします。詳細は以下から。

◆Soundcore Mini 2
ポケットサイズながらBass Upテクノロジーを採用し、約15時間の連続再生が可能。IPX7防水規格で水にも強いなど、バランスの良さが光るBluetoothスピーカーです。


とにかくこのコンパクトさはなかなかのもの。


◆Soundcore Motion B
丈夫な設計で屋外などへの持ち運びにもぴったりなのがこちら。Bass Upテクノロジーで音質も十分な上に約16時間連続再生できます。IPX7防水規格で水にも強いので、キャンプやピクニックのお供にも。



◆Soundcore Motion Q
360度サウンドで、周囲のどこにいてもベストな音質で楽しむことができます。もちろんBass Upテクノロジーも採用されており、約10時間の連続再生が可能です。IPX7防水規格のため、水濡れも心配ありません。


◆Soundcore Flare
こちらも360度サウンドが特徴なのですが、特筆すべきは専用スマホアプリから底面ライトを調整できるムードコントロール機能。


このように光ってお部屋の雰囲気を演出してくれます。Bass Upテクノロジー採用で約12時間の連続再生が可能です。



IPX7防水規格で水中でもこの通り。


実際に水中で鳴らしてみたところです。


◆Soundcore Flare+
Soundcore Flareの上位互換となり、USB機器の充電が可能です。連続再生時間も20時間と長く、もちろんIPX7防水規格のためアウトドアレジャーには最適の1台となっています。




◆Soundcore Model Zero
特徴的なフォルムが目を引くこちらはSCANSPEAK製ドライバで高音質を追求したプレミアムスピーカー。部屋に置いてあると印象が大きく変わりそうです。





こんな感じに持ち運ぶこともできます。連続再生時間は10時間となっています。


・関連記事
5年で急成長したAnkerがサウンド事業に注力、ブランド名を「SoundCore」に統一し怒濤の新製品ラッシュへ | BUZZAP!(バザップ!)

USB PD対応でノートPCも急速充電できるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」レビュー、充電器も付いたオールインワンパッケージに | BUZZAP!(バザップ!)

発売早々大人気のQi対応ワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」レビュー、スタンド型で動画を見ながら充電も | BUZZAP!(バザップ!)

売り上げ1位の大人気モデルが正統進化した「Anker PowerCore II 10000/20000」レビュー、PowerIQ 2.0でスマホも本体も急速充電可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加