ついに「5G」標準仕様策定完了、商用化に向けて加速へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



5Gが商用化へ向けて一気に加速します。詳細は以下から。

各社のプレスリリースによると、本日2018年6月14日 (木)、規格の標準化を進める業界団体「3GPP Plenary」のおいて会合において「5G NR(5G New Radio)」標準仕様の策定が完了したそうです。

これは2017年12月に完了していた既存のLTEネットワークと連携するノンスタンドアローン「5G NR」標準仕様に、LTEと連携せず単独で動作するスタンドアローンの「5G NR」標準仕様を加えたもので、5Gの主要機能の全仕様が初めて規定されたとのこと。

仕様策定に携わった通信事業者やメーカーは以下の通り。日米欧だけでなく、チャイナモバイルやチャイナテレコム、Huawei、ZTE、Oppo、Vivo、Xiaomiといった中国勢が名を連ねていることが分かります。

China Mobile、アンリツ、Asia Pacific Telecom、AT&T、British Telecom、CAICT、CATT、China Telecom、China Unicom、Chunghwa Telecom、Deutsche Telekom、DISH Network、Ericsson、富士通、Huawei、Intel Corporation、InterDigital、Keysight Technologies、KDDI、KT Corp、京セラ、Lenovo、LG Electronics、LG Uplus、MediaTek、Microelectronics Technology Inc.、三菱電機、日本電気、Nokia、NTTドコモ、OPPO、Orange、パナソニック、Qualcomm Technologies, Inc.、Rohde-Schwarz、Samsung Electronics、シャープ、SK Telecom、ソフトバンク、ソニーモバイルコミュニケーションズ、Spirent Communications、StarPoint、住友電気工業、TIM、Unisoc、Verizon、VIAVI、Vivo、Vodafone、Xiaomi、ZTE

報道発表資料 : (お知らせ)5G標準仕様策定が完了 | お知らせ | NTTドコモ

5G標準仕様策定が完了 | 2018年 | KDDI株式会社

5G標準仕様策定が完了 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

・関連記事
AXGPは終了?ソフトバンクが2.5GHz帯(Band 41)で5Gを2019年後半に提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホの製造コストは10万円以上、重くて消費電力も高くmova→FOMAの再来か | BUZZAP!(バザップ!)

ついに携帯各社が5Gエリアを共同整備、基地局数増大で発生するコストを削減へ | BUZZAP!(バザップ!)

「スマホが中継機になって5Gエリアを拡張する技術」をKDDI総合研究所が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加