普通の30fps動画からぬるぬる動く240fpsのスローモーションを作成できるAIをNVIDIAが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



画像や動画のクオリティをAIで補完する時代になってきました。詳細は以下から。

もはや必要なのはデジカメの性能ではないのかも知れません。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPUを開発するNVIDIAが、30fpsという「普通の動画」からぬるぬる動くスローモーション映像を作成できるAIを開発しています。

この技術によって、既に撮影された30fpsの動画を240fpsのスローモーションにすることが可能。フレームを補完することで、60fpsの動画を480fpsにしたり、スローモーション動画をさらに4倍スローにすることなども可能となっています。

実際にどの程度のぬるぬる具合かは公式動画でチェックしてみてください。


もちろんこの技術は既存の映像にも適用可能。過去の映像作品がこれまでにない形で「復活」することもありそうですが…。

・関連記事
AI搭載ワイヤレススピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」実機レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

暴動や暴力行為をドローンの空撮から検知できるAIが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

中学校で顔認証システムを用いた「生徒が授業に集中しているか」の監視が始まる | BUZZAP!(バザップ!)

3000人の行方不明児が4日間の顔認証システム社会実験によって発見される | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】2体のAI搭載ロボットアーム、共同でイケアの椅子をゼロから20分で組み立てる | BUZZAP!(バザップ!)

AIの活用で6000種類のウィルスが新たに特定される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加