世界初の5GスマホはHuawei製で2019年6月発売、発熱対策が急務に

このエントリーをはてなブックマークに追加



5G(第5世代携帯電話)スマホ、いよいよ1年後に登場です。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huaweiが2019年6月に世界初となる5Gスマホを発売するにあたり、部品ベンダーを選定しているそうです。

5Gスマホに対して台湾のAuras Technologyが独占的に冷却モジュール(0.4mmの放熱銅シート)を供給すると報じられていますが、問題となるのはその熱量。

HuaweiのCEO・Eric Xu氏は、4Gスマホの10倍以上の伝送速度を実現する5Gスマホでは、従来の5倍以上のコンピューティング性能が必要とされ、消費電力は約2.5倍になるとのこと。

そのため消費電力削減だけでなく、放熱も取り組まなければならない重大な問題とコメントしています。

なお、5Gスマホに採用される予定の放熱銅シートは、ハイエンドのスリムタイプノートブックに採用されている冷却アプローチ。

ほとんどの現行スマホで採用されているグラファイトシートや、Samsung、LG、HTCが採用する放熱パイプよりも高コストとなりますが、単価の比較的高い5Gスマホであれば、採算も取れるようです。

・関連記事
5Gスマホの製造コストは10万円以上、重くて消費電力も高くmova→FOMAの再来か | BUZZAP!(バザップ!)

ついに携帯各社が5Gエリアを共同整備、基地局数増大で発生するコストを削減へ | BUZZAP!(バザップ!)

「スマホが中継機になって5Gエリアを拡張する技術」をKDDI総合研究所が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「5G」標準仕様策定完了、商用化に向けて加速へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加