ワイモバイル初の「かんたんスマホ」速攻レビュー、押すだけサポートや国内通話完全定額で60代以上も安心の格安スマホに

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど行われたワイモバイルの新商品新サービス発表会でお披露目された、同ブランド初となる「かんたんスマホ」のレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが8月9日から発売される「かんたんスマホ」。5.0インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon 430、3GB RAM/32GB ROM、500万画素前面カメラを備えた、オーソドックスな防水防塵(IPX5、IPX7/IP5X)耐衝撃スマホです。


シニア向けモデルらしく、ハードウェアキーとショートカットキーを搭載。


背面には2600mAhバッテリーと1300万画素カメラがあります。


側面などはこんな感じ。サイドキーを押すと音声検索を利用できます。




下部にはストラップホールも。





なお、かんたんスマホは操作に困ってもワンタッチで解決できる「押すだけサポート」を搭載。


実際に触ってみたところ。サポートセンターに電話せずとも、困っているのではないかという部分を予測して対処してくれる、それが「押すだけサポート」によって62%の問題を解決できるようになり、従来よりもサポートセンターにかけるコストが下がりました。


もちろんサポートセンターへ電話して問題解決をサポートしてもらうことも。オペレーターに直接つなぐため、「音声ガイダンスに従って数字を押す」などの煩わしい手順も不要です。


シニアでも使いやすい操作性を実現しただけでなく、「押すだけサポート」でユーザーの不便さどころかサポートのコストまで削減したことで、「60代以上でも安心して使える格安スマホ」となったワイモバイルのかんたんスマホ。

かんたんスマホ契約者に対しては、通常の10分定額ではなく時間制限がない通話定額が提供されるため、もしサポートセンターへの電話が長引いても通話料に悩まされないなど、ひたすら親切設計となっています。

・関連記事
【リアルタイム更新中】ワイモバイルが値段そのままデータ3倍の新料金プラン発表、初のかんたんスマホは国内通話ずーっと定額に | BUZZAP!(バザップ!)

【提案】UQ mobileやワイモバイルはそろそろハイエンドスマホを扱うべきでないか | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが料金プラン改定、分かりやすいシンプルな内容に | BUZZAP!(バザップ!)

LINEモバイルがソフトバンク回線採用、1Mbpsを下回ると契約者全員に1GBプレゼントする「格安スマホ最速チャレンジキャンペーン」実施 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加