ソフトバンク、スマホの分割購入(48回払い)を販売代理店に実質強制へ



スマホを一括払いで購入できなくなりつつあります。詳細は以下から。

Buzzap!編集部が注目したのが以下のツイート。「ユーザーに48回払いでスマホを購入させないと、ソフトバンクから代理店への各種奨励金が支払われない(=タダ働き)になる」というものです。

そこで業界関係者に確認してみたところ、「全ての奨励金が支払い対象外とはならないものの、MNP契約を獲得したことで得られる奨励金などは支払われなくなる」とのこと。

つまりソフトバンクが48回払い+半額サポートでのスマホ購入を実質的に代理店に強制していることになります。

「一括○円」でのスマホ販売を排除する意図や、2年経過後に他キャリアに移るのをなるべく防ぐ意図があるとみられる今回の施策。

端末代と通信費を分離する新たな料金プランの導入、iPhone XSシリーズをはじめとしたスマホ本体の高額化を踏まえると、48回払いを推進するのも無理からぬ話ではあります。


しかし一方で分割購入を強制すると、分割払いの審査をパスできず一括払いでスマホ購入を希望するユーザーなどが排除されてしまうため、賛否分かれることとなりそうです。

なお、代理店が提供するスマホ本体の割引を受けるために48回払いを選んでも、後日ソフトバンクショップなどで本体残金の一括払いを手配することは可能です。

・関連記事
本体一括540円で月額842円の超格安スマホをワイモバイルが販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone Xをコケにした「Xiaomi Mi Mix 2s」一気に4万円台に、携帯各社の主要回線対応も | BUZZAP!(バザップ!)

MacBookより高い「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」は本当に価格に見合っているのか、改めて考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「4年縛り」改善、機種変更時の「半額サポート」再加入を撤廃 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング