HTCが「過去最悪」の収益をほぼ毎月更新、Googleへ事業売却した1年前の半分以下に



世界初のAndroidスマホを手がけたHTCがどんどん小さくなっています。詳細は以下から。

HTCの公式発表および海外メディアの報道によると、同社の2018年9月の収益は12億6000万台湾ドルになったそうです。

あくまで未監査の収益レポートではあるものの、これは前年同期比で53.72%減となった2018年8月よりも9.57%低い数字。

前年同期比でも80.71%の大幅な減少で、HTCがGoogleにスマホ開発部門の一部を売却することを決めた2017年8月の業績が、当時過去最悪の30億台湾ドルだったことを考えると、HTCがどんどん縮んでいるのが分かります。

なお、2018年全体の収益は昨年の57%減にあたる19.61億台湾ドル。今やHTCのスマホ販売台数は400万台にまで落ち込んでおり、製造部門1500人をリストラする事態に。

お膝元の台湾市場でXiaomiがエントリー、ミドル、ハイエンドすべてのセグメント向けにHTCよりコストパフォーマンスの高い新機種を投入するなど、事業環境は厳しさを増し続けています。

・関連記事
本体一括540円で月額842円の超格安スマホをワイモバイルが販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone Xをコケにした「Xiaomi Mi Mix 2s」一気に4万円台に、携帯各社の主要回線対応も | BUZZAP!(バザップ!)

au、Xiaomiスマホ導入を検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがSamsungのお膝元・韓国に殴り込み、日本市場に参入の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがHTCやASUS潰しか、台湾市場に安価な高性能スマホを一挙投入 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング