ドコモが2019年度に通信料金値下げへ、ただし分離プラン導入で端末代は高額化



あちこちで波紋を巻き起こしている菅官房長官の「携帯電話の通信料金は4割下げられる」発言。

それでも携帯各社へ電波を割り当てる権限が国にある以上、キャリアはある程度応じないといけないわけですが、ドコモが値下げに踏み切る意向であることが明らかになりました。詳細は以下から。

読売新聞社の報道によると、ドコモが携帯電話の料金プランを抜本的に見直し、来年度から値下げする方向で検討しているそうです。

平均で4割値下げを実現するのは困難であるものの、「利用者が値下げの恩恵を実感できる水準」を検討しており、減収分は金融決済事業などの成長分野で補う方針とのこと。

なお、新たな料金プランではスマホ本体代金と通信料金を分ける「分離プラン」の拡大が柱になるとされており、通話・データ通信込みで月額1980円からの段階制料金を実現した「auピタットプラン」のような内容になるとみられます。

現行プランではカケホーダイライトとベーシックパックの1GBを組み合わせただけでおよそ5000円になってしまうドコモ。

auのような分離プランを導入すれば、確かに利用者にインパクトを与えるほど通信料金を下げられるものの、一方で「月々サポート」のような端末料金の割引は無くなってスマホ本体が高額化することになります。

トータルの支払額はそこまで大きく下がらないのではないかという気もしますが、はたしてどのようなプランが導入されるのでしょうか。

・11月1日追記
案の定でした。

ドコモが2019年春以降に通信料金2~4割値下げ発表、9月に開始する「5G」投資額の2倍をユーザー還元に | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
ドコモが2019年春以降に通信料金2~4割値下げ発表、9月に開始する「5G」投資額の2倍をユーザー還元に | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「(設備投資が1桁少ない)楽天が半額程度になる予定だから携帯料金4割下げられる」の愚、日本がモバイル先進国から脱落も | BUZZAP!(バザップ!)

「携帯料金は4割下げる余地がある」菅官房長官の発言はどれだけバカなのか検証してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【検証】「イギリスの3倍」は大嘘、「4割下げる余地」に揺れる日本の携帯料金は本当に高いのか | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング