美麗な大画面有機ELの格安スマホ「Oppo R17 Neo」さらにレビュー、節約モードで動画を見られるかを試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日お届けした夜景撮影ゲームプレイに続いて、UQ mobile独占スマホ「Oppo R17 Neo」のレビューをお届けします。詳細は以下から。

◆格安スマホには珍しいほど画面の大きいOppo R17 Neo
今回特筆しておきたいのが、Oppo R17 Neoが搭載しているディスプレイ。

画面サイズはGalaxy Note 9やiPhone XS Maxに匹敵する6.4インチ。とはいえ縦長サイズのため、横幅は従来の5.5インチスマホ「HTC U11」などと同じで持ちやすさは損なわれていません。


発色が良い有機ELディスプレイを備えている点も大きなアドバンテージ。電子書籍はもちろん……


Netflixをはじめとした動画配信サービスも大きな画面で楽しめます。


ピクチャーインピクチャー(PiP)で、他の作業をしながら動画を楽しむこともできます。


大手キャリアほどのラインナップ展開ができないため、なるべく万人受けしやすいモデルが選ばれることから、どうしても5インチ台で横並びとなることが多かった格安スマホ。

Oppo R17 Neoではあえて画面が大きく見やすいスマホを求める層にアプローチしており、十分な処理能力と夜でもキレイに撮れるカメラによって、大画面を生かせるようになっています。

◆「節約モード」で動画コンテンツを試してみた
かねてからデータ通信量カウントなしで300kbpsの通信が使い放題になる「節約モード」を売りにしてきたUQ mobile。


Buzzap!では以前、節約モードでのブラウジングやポケモンGOを試すレビューをお届けしていました。


2016年にレビューをお届けした際「基本的に動画は厳しい」ということをお伝えしましたが、最近になって「AbemaTV」がデータ通信量を50%以上削減できる「通信節約モード」を実装。


従来は1GBあたり約5時間しか見られなかったのが、同モードによって約10時間見られるようになりました。データ量はおよそ280kbps、つまり300kbpsの回線でギリギリ視聴できるわけです。


さっそく節約モードでAbemaTVを試してみたところ。ぼかしをかけて加工してありますが、基本的に音や映像が途切れず視聴できました。チャンネルを変えても同じです。


YouTubeであれば144pにすれば見ることができます。エアチェック用と考えればいいかもしれません。


かつてはネットラジオがせいぜいでしたが、技術の進歩でできることが増えてきた印象を受けたUQ mobileの節約モード。

もちろんWiMAX 2+ルーターを組み合わせて契約すれば、出先であってもガンガン動画視聴を楽しむことができるほか、新たに導入された「データ特盛」によって使えるデータ量も増えています。

OPPO R17 Neo│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

・関連記事
この冬イチオシの格安スマホ「Oppo R17 Neo」ゲームプレイレビュー、Huawei P20 liteと圧倒的な差も | BUZZAP!(バザップ!)

【発売記念】UQ mobile独占の高性能格安スマホ「Oppo R17 Neo」で夜景撮影、あなどれない1台に | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile独占のOPPO「R17 Neo」速攻レビュー、高性能&有機EL&ディスプレイ指紋認証搭載で実質2万円台の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileがiPhone XSなど最新モデルでもテザリング可能に、もちろん無料 | BUZZAP!(バザップ!)

たぶんMVNO初、UQ mobileが同性パートナーにも「家族割」を提供していた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加