さよならHGST、ウェスタンデジタルがサンディスクなど各ブランドを置き換えへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



IBMのHDD事業を引き継いだことでも知られる「HGST(旧:日立グローバルストレージテクノロジーズ)」ブランドが消えることになります。詳細は以下から。

ウェスタンデジタルのプレスリリースによると、同社は今後順次、取り扱い製品のブランドを移管していくそうです。

具体的にはエンタープライズ、データセンター向けとして残っていたHGSTブランドをWestern Digitalに移管。これによりHGSTブランドは完全消滅することになります。


さらにサンディスクも個人向け以外はWestern Digitalに。


また、エンタープライズ向けに「IntelliFlash」を提供していたTegileブランドも移管。これにより個人向け以外の製品はWestern Digitalブランドに集約されることになります。

・関連記事
【朗報】2018年後半以降もフラッシュメモリ価格続落、技術革新でSSDやmicroSDXCカードがより割安に | BUZZAP!(バザップ!)

128GBなら2000円台前半、スマホやスイッチに使えるmicroSDXCカードがどんどん値下がり中 | BUZZAP!(バザップ!)

大容量格安SSD「Samsung 860 QVO」発売へ、1~4TBまでラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加