「USB 4」2019年半ばに策定へ、伝送速度40GbpsでThunderbolt 3を統合

このエントリーをはてなブックマークに追加



USB 3.0策定から11年、ついに世代が変わることになりました。詳細は以下から。

標準化団体「USB Promoter Group」の公式発表および海外メディアの報道によると、2019年中ごろに新たな規格「USB 4」の策定が行われるそうです。

USB 4はUSB 3.2の2倍にあたる40Gbpsの伝送速度を実現するほか、「Thunderbolt 3」を統合することでディスプレイなどと接続できるほか、最大100Wの電力転送も可能に。

USB 2.0および3.2との互換性を維持するとしており、ユーザーにわかりやすいよう「SuperSpeed USB」のようなマーケティング用語も割り当てられる見込み。

なお、USB 4ポートを検出するため、新たなUSB Type-C仕様も導入されるとのこと。

USB 3.0(2008年11月)、USB3.1(2013年8月)、USB 3.2(2017年9月)……という今までの歩みを見ていると、一足飛びの感は否めません。

・関連記事
超小型の次世代USB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD1」製品版速攻レビュー、iPhoneの充電器サイズでMacBookを充電可能な鍵は「窒化ガリウム(GaN)」 | BUZZAP!(バザップ!)

USB 3.0と2.4GHz帯無線に干渉問題、無線LANや外付けHDDの速度が遅くなるおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

スマホにUSBメモリなどを繋げる百均グッズ「Type-C変換アダプター」レビュー、microSDスロット非搭載スマホで活躍も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加