【映像あり】高校の演劇部が映画「エイリアン」をとんでもないクオリティで舞台化

このエントリーをはてなブックマークに追加



実現不可能と誰もが思っていたあの「エイリアン」の舞台化です。詳細は以下から。

リドリー・スコット監督の不朽の名作「エイリアン」。息詰まるストーリーと張り詰める緊張感、そして巨匠H・R・ギーガーがデザインした一度見たら決して忘れられないエイリアン。

現代でも多くのファンを持ち、多数の続編やスピンオフ、メディアミックス、関連商品などが作られ続ける人気作品ですが、この度高校の演劇部がこの作品を舞台化してしまいました。

舞台化を行ったのはアメリカ合衆国ニュージャージー州のノースバーゲン高校演劇部。なによりまず自らの演劇の題材に「エイリアン」を選ぶという選択にまず驚愕させられます。

演劇部は使用する大道具や小道具を廃材や廃品のリサイクルで作成している他、以下のようなトレイラームービーも作成するなど、非常に意欲的。


先週末にこの演劇は公開されたのですが、現場の写真や動画を見るに高校演劇部とは到底思えないクオリティです。


誰もが知るフェイスハガーのあのシーン。


エイリアンが動いています。興奮する観客の様子が手に取るように分かります。


この若さでこの意欲とクオリティは実に将来が楽しみ。彼らのうち何人かは映画界や演劇界に入り、いつかとんでもない作品で私たちを楽しませてくれるのかも知れません。

エイリアン 製作40周年記念版 (2枚組)[4K ULTRA HD+Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2019-04-26)
売り上げランキング: 33,018

演劇入門 (講談社現代新書)
平田 オリザ
講談社
売り上げランキング: 3,801

・関連記事
なにこれ滾る!スターウォーズの銀河帝国軍 VS エイリアンのファンアート | BUZZAP!(バザップ!)

エイリアン侵略後の地球の日常風景のを描くSimon StalenhagのSF絵画シリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

2度見間違いなし、誰よりも目立つエイリアンの「フェイスハガー」型犬用リース | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーの人気記事

  1. 【要注意】PS5が最大50万円・キャンセル不可でAmazonマケプレで出品、さっそく転売ヤーや悪徳業者の餌食に
  2. 【訃報】「パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスがおまえだ」キューブリックの「フルメタル・ジャケット」でハートマン軍曹を演じたロナルド・リー・アーメイが死去
  3. 【訃報】手塚治虫・鳥山明・宮崎駿・大友克洋・荒木飛呂彦などに多大な影響を与えたフランスの漫画家メビウス(ジャン・ジロー)、73歳で死去
  4. 今から半世紀以上前、アナログ駆使して「画像加工」したポートレート写真たち
  5. 【ヨシ!】電話猫・仕事猫のもちもちフェイスクッション発売決定、ドンキコラボで数量限定【どうして】

カルチャーに関連した楽天商品ランキング