自称「4割安い」ドコモ新プラン「ギガホ」「ギガホライト」、実は値上がりするケースもありました

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどドコモが発表した「4割安い」などの数字が躍る新プラン「ギガホ」「ギガホライト」の実際のところをチェックしてみました。詳細は以下から。

まずは新プランのおさらい。「ギガホ」は月額5980円(ただし3回線以上契約で「みんなドコモ割」適用の場合)で月間30GB使える上、データ量を使い切っても最大1Mbpsで通信できます。


段階制料金プラン「ギガライト」は1GBまでの利用なら最大4割も値下がりし、月額1980円に。ただし3回線以上契約して「みんなドコモ割」を適用した場合の料金です。


その結果、従来よりも最大4割安くなる……というのが新プランの特徴。なお、docomo withなどの端末割引は終了します。


そこで今回、Buzzap!では料金シミュレーションページを使って、月額料金を軽くチェックすることにしてみました。

料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ


・月間5GB、iPhone XS(64GB)利用の場合
比較的ライトなユーザーがiPhone XSに機種変し、月間5GB使う場合の月額料金。

現行プランではベーシックパックに機種代金(月額5373円)、月々サポート(2457円)を合わせて月額9698円で済みますが……


ギガライトでは月額5378円+月々サポートなしの機種代金(月額5373円)で月額1万751円に。


・月間20GB、iPhone XS(64GB)利用の場合
続いては比較的ヘビーユーザーがiPhone XSに機種変し、月間20GB使う場合の月額料金。

現行プランでは機種代金を合わせて月額1万778円。


ギガホでは月額6458円+月々サポートなしの機種代金(月額5373円)で月額1万1831円に。


「月間30GB通信できて、超過後も通信速度は1Mbps」「家族3人以上で契約すれば全員1000円引き」「2年経過後で比べると安い」など、確かにお得な部分もあり、実際ドコモもお得になったというケースを提示している新プラン「ギガホ」「ギガホライト」。

しかし今でも当たり前であろう利用シーン(月間5GB、20GB)のユーザーすら料金が値上がりする可能性があり、「4割安い」という数字を鵜呑みにするのは難しい状況です。

多くの人にとって「携帯料金」というのは、通信料金と本体代金を合わせた月額トータルの支払額のはずであることを考えると、端末割引が終了することはやはりそれなりにインパクトをもたらすのではないでしょうか。

・関連記事
「4割安い」ドコモ新プラン「ギガホ」「ギガホライト」発表、1Mbps使い放題追加もスマホ本体割引廃止で家族間シェアもなし | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモユーザー、6割しかAndroid OSアップデートを利用していなかった | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「(設備投資が1桁少ない)楽天が半額程度になる予定だから携帯料金4割下げられる」の愚、日本がモバイル先進国から脱落も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加